JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

子宮がん検診でがんはなかっとのですが、おりもの検査でGBS(陽性 3+)と診断されました。 妊婦ではありませんが、

解決済みの質問:

子宮がん検診でがんはなかっとのですが、おりもの検査でGBS(陽性 3+)と診断されました。
妊婦ではありませんが、この細菌は体にどのような影響があるのでしよう?
自覚症状は全くありません
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
GBSはB群溶血性連鎖球菌という名前の細菌です。
保菌者辞退は珍しくありませんし、保菌していても体に影響はありません。
免疫力が落ちた際に細菌性膣炎を起こす原因になることはありますが、抗生物質で治療可能です。
ただし、妊娠・出産された場合、経膣的に胎児に感染し、細菌性髄膜炎を起こすことがあります。
ただこれも、今すぐにどうこうしなければいけないものではなく、分娩入院時、出産までに抗生物質による治療を受ければ大丈夫です。
Nyarlathotepをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問