JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。よろしくお願いいたします。 半年ほど前から私の父が下痢が止まらずにいます。 何度か病院にはいったの

解決済みの質問:

はじめまして。よろしくお願いいたします。
半年ほど前から私の父が下痢が止まらずにいます。
何度か病院にはいったのですが、問題ないと診断されました。
もともと血圧が高めなので、サントリーから出ているトクホのゴマペプチ茶を1年ほど飲んでいるのですが、これも関係あるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

実際にお父様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
これはあらかじめお含み置き下さい。

ゴマペプチ茶はあまり関係が無いと思います。

少し補足情報を下さい。

①「問題ないと診断」されたとのことですが、受診されたのはどれくらいの規模の医療機関でしたか?

②お父様はこれまで、大腸内視鏡検査を受けられたことはあるでしょうか?

③体重は減っていませんか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

猫山先生。

よろしくお願いいたします。

はい、診断行為の件は了承いたしました。

ご質問いただきました件についてです。

①最後に行ったのは2ヶ月ほど前になります。規模がどの程度かわからないため病院名をお伝えさせていただきます。 財団法人日産厚生会玉川病院です。

血液検査などは特にしておらず、下痢止めの薬をいただいたそうです。

②約20年ほど前に、膀胱がんになりその時に内視鏡検査をうけたそうです。

③体重についてですが、特に増減はないそうです。

よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

④お父様が受診されたのは消化器科ですよね?
http://www.tamagawa-hosp.jp/main/d_04

⑤「膀胱がんになりその時に内視鏡検査をうけたそうです」⇒これは、大腸ではなく、膀胱の内視鏡検査ですよね?

⑥2年間も「下痢が止まらずに」いるのに、特に検査もせずに「問題ないと診断」されたということでしょうか? お父様はそれに対して、釈然としないながらもさらなる検査等の希望はしめさなかったということでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

猫山先生

ご質問いただきました件についてです。

①おそらく消化器科だと思います。

②両親に確認したところ、定かではないとの事でした。

③下痢は2年間ではなく、半年間くらいです。

先生にこんなことを言うのは大変失礼かと思いますが、病院が好きでは 好きではない父なので、なにも希望せず先生に言われるまま帰ってきたと思います。

よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

得てして、あまり病院に来る必要がない方ほど病院好きで、本当に受診が必要な方に限って病院嫌いな場合が多いですね(笑)。

2~3週間以上下痢が続いたり再発を繰り返す下痢を「慢性下痢」と呼びます。
これは診断名ではなく症状名です。

慢性下痢を引き起こす原因疾患としては、何と言っても大腸の疾患(ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸がんなど)が筆頭に挙げられます。
その他、上部消化管(胃や十二指腸)の疾患でも慢性下痢は起こることがあります。

可能性はかなり下がりますが、代謝疾患(甲状腺機能亢進症など)でも慢性下痢は起こります。
「心因性の慢性下痢」という、心療内科で取り扱われる疾患も稀にはあります。

半年間も下痢が続いているということであれば、お父様のご年齢を考え合わせると、注意深く検査を進めるべき状況だと考えます。

大腸内視鏡検査⇒上部消化管内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)⇒腹部CTまでは最低でも行われるべきだと思います。

受診された病院自体は設備が整った医療機関であるようですから、再診されて精密検査を希望されたはと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問