JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

お世話になります。肺血栓治療後に、寝たきりで入院している母は約4か月になりますが、ここ3か月は嚥下機能の低下により上

解決済みの質問:

お世話になります。肺血栓治療後に、寝たきりで入院している母は約4か月になりますが、ここ3か月は嚥下機能の低下により上腕PICCにより栄養補給しています。先週交換のため抜き、再度PICC処置をしていただいたのですが、両腕ともうまくいかず延期されました。今日、また処置をしていただきましたが、血管が蛇行しており上腕では難しいので、首の静脈より処置をしたい旨を言われ、直ぐに同意書を記入するようにと指示をいただきましたが、家族としては先週まで可能なことが2-3日で不可となるの納得いきません。熟練な医師にお願いすることにより、上腕PICC処置をしていただきたいのですが、いかがでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
上腕PICCは、静脈炎が起こりやすいために交換するごとに施行が難しくなっていく傾向があることは確かです。
情報リクエストをさせて下さい。
お母さんはこれまで、何回くらいPICCの刺入を行いましたか? これまでに左右とも、上腕の静脈を用いているのでしょうか。
熟練な医師にはお心当たりがあるのですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

返信ありがとうございます。

母は、もともと整形外科に外来で、手や肘、膝のリュウマチ治療に通院していました。
その後、自宅で転倒骨折(左股関節)による、手術入院後、退院。10か月後に左膝の人工関節手術を受けた後、退院して通院治療を受けてました。
昨年夏過ぎごろから、坐骨神経痛も伴い、ブロック注射も受けながら治療を続けていましたが、ときどき現われていた両足の甲全般の浮腫が脹れんばかりに大きくなったので、改めて、整形外科医に相談したところ、直ぐに内科をご紹介いただき検査入院から、肺血栓が認められ即日入院し、へパリん等の点滴で治療を行っていただきましたが、その時の薬の副作用で、全身炎症が出て初めて入院ベットに寝たきりとなりました。また、昨年度末に軽い脳梗塞も発症しましたが、現在、耳は聞こえており、数語の会話は成り立っています。
そのような経過から、嚥下力低下を補うために首静脈ではなく、上腕PICCをお願いしました。
上腕PICCは、これまでに4回交換され、左右順番に施されていたと思います。また、同意書はサインしておりましたが、最初の頃は、右腕に処置後、次週になると、いつの間にか、左腕になっておりました。また、前回は、仕事の関係上、同意書サインが予定日まで不可だったので、電話にて担当医にお願いしましたが、当日夜に見舞いに行くと、延期されており看護士によると、同意書サインがないためと告げられ、一週間後に処置をいただきました。

現在の担当医により診ていただいておりますが、これまでも病状説明の他、私見ですが頼りないところを感じています。
熟練医師とは、担当医のほかに、主任の医師の方が連名で担当されており、打合せも同席されているので、主任のかたに代わってお願いできないものかと思っております。

以上、経緯を簡単に記させていただきましので宜しくお願いします。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
ではその主任の方にお願いされるのがよいと思います。
ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答を有難うございます。もうひとつお聞きしたいことは上腕PICC措置は

当該母の病状と血管の状況から、当該措置は難しいことなのでしょうか?

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
まず、もともと手技的に容易なものではありません。
もう一つの要素としては、お母様は関節リウマチ(RA)をお持ちです。
RA患者さんは血管炎を起こしやすい傾向があります。
このこともまた、PICCの連続実施を難しくしている要素であるかもしれません。
Nyarlathotepをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問