JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

1歳7ヶ月の男児の母親です。食事や水分は本人でとれますが、まだ授乳もしています。 母親の私が肺炎、胸膜炎と診断され

質問者の質問

1歳7ヶ月の男児の母親です。食事や水分は本人でとれますが、まだ授乳もしています。
母親の私が肺炎、胸膜炎と診断され、断乳し服薬をと言われましたが、非常に残念な気持ちです。また、個人的に調べたところ、すべての薬が母乳に移行しても影響はないと記載されていると思います。
授乳しながら服薬できませんでしょうか。
レボフロキサシン錠500㎎
セフポドキシムプロキセチル100㎎
カルボシステイン500㎎
シングレア10㎎
以上が処方薬です。
宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  レグルス 返答済み 2 年 前.
こんにちは、レグルスと申します。
レボフロキサシンは15歳以下の小児にはには安全性が確立していないため、投与禁忌です。
母乳移行も報告されていますので、授乳された場合、子供さんにどのような影響があるか
正直なところ全く分かりません。
担当医の指示通り、服薬中は断乳するべきだと思います。
服薬終了後は授乳再開が可能と思いますので、治療に専念なさってくださいね。
母乳移行に関しては下記、ご参照ください。
クラビット(レボフロキサシン)添付文書には、“授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。
[オフロキサシンでヒト母乳中へ移行するという報告されている]”と記載されています。
【乳汁への移行性】
ヒトの報告:レボフロキサシンが乳汁中へ移行を認めた海外報告があります。
出産直後に敗血症を認めた患者さんに対し、レボフロキサシン500mg/日を9日間静注後、14日間経口投与しました。投与中と服用中止後の5日間、母乳を採取し乳汁中濃度を測定した結果、
定常状態での乳汁の最大曝露量は投与終了5時間後で8.2μg/mLでした。
最終投与の約48時間後には検出不可(<0.05μg/mL)となりました。
なお授乳婦におけるレボフロキサシンの最大乳汁中濃度は血漿中濃度と同等でした1)。
動物の報告:乳汁への移行が高いと報告されています。[インタビューフォームより]
【授乳の再開時期】
授乳再開時期の明確なデータはありませんので、授乳再開時期の判断は医師、薬剤師により決定してください。
一般的には、半減期の4~6倍空けていただくと、薬剤の大半が消失するといわれています2)3)。
(クラビットの半減期は7.89±1.04時間)
引用文献:
1)Cahill,Jr JB et al:Pharmacotherapy 2005;25(1):116-118
2)Howard CR et al:Clin Perinatol 1999;26(2):447-478
3)澤田康文ほか:薬剤予測学入門(薬業時報社)1993;72-84
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご相談者様に満足いただけるような回答を心掛けておりますが、
説明不足な点などございましたら「評価」をする前にご返信にてご指摘ください。再度回答させていただきます。
オフラインの時はお時間を頂く場合がございますが、必ずご返信いたしますので少々お待ち下さい。
また、追加のご質問をされる場合は回答を「評価」後に新たな質問として投稿していただきますようお願い致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.

レグルス様

お忙しい中、ご返信くださいましてありがとうございます。

引用していただいた文献は私もすでに読ませていただきました。

素人ながら息子へ母乳育児のためにいろいろと勉強させたいただいているつもりで、移行するからといって悪影響があることとイコールではないですよね。

また、関節へのリスクがあることも理解しています。

以下の記載はどのように思われますか?もちろん最終的には自己責任ですが、背中を押してほしいのが本音です。

国立生育医療研究センター

http://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/druglist.html

http://gertrudebanda.blogspot.jp/2012/03/blog-post_30.html?m=1

質問者: 返答済み 2 年 前.

レグルス様

お忙しい中、ご返信くださいましてありがとうございます。

引用していただいた文献は私もすでに読ませていただきました。

素人ながら息子へ母乳育児のためにいろいろと勉強させたいただいているつもりで、移行するからといって悪影響があることとイコールではないですよね。

また、関節へのリスクがあることも理解しています。

以下の記載はどのように思われますか?もちろん最終的には自己責任ですが、背中を押してほしいのが本音です。

国立生育医療研究センター

http://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/druglist.html

http://gertrudebanda.blogspot.jp/2012/03/blog-post_30.html?m=1

専門家:  レグルス 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
背中を押してほしいというご希望にはそえません。
申し訳ありませんが、オプトアウト(回答中止)させていただきますので、
他の専門家とご相談ください。
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.

あなたが示したリンクに「自己判断ではなく、必ず医師と相談して、お薬の使用や中止を決めることが大切です」と書いてあって、あなたは医師に断乳し服薬をと言われたわけですから、断乳されるべきではないでしょうか。

医療 についての関連する質問