JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
P-chanDr.に今すぐ質問する
P-chanDr.
P-chanDr., 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 128
経験:  泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
P-chanDr.がオンラインで質問受付中

シェーグレン症候群だといわれました。当てはまることばかりで今考えると20年位前からシェーグレン症候群だったと思います

解決済みの質問:

シェーグレン症候群だといわれました。当てはまることばかりで今考えると20年位前からシェーグレン症候群だったと思います。アメリカ在住で不安だらけです。コルチゾール5mgを1日1錠、プラキニル200mgを1日2錠を処方されました。薬は乾燥肌と関節の痛み用ですか?3ヵ月後血液検査をする予定ですがよくなったりすることはあるのでしょうか?症状が進まないこともあるし進む事もある、薬を飲むかどうか、治療を進めていくかどうかは私次第だといわれました。そんなものなのでしょうか?一番つらいのはいまのところ乾燥です。4月、5月、6月と松花粉の季節でアレルギーの薬を飲むため乾燥はなみなみならないものです。ステロイドを飲みつつけるのは大丈夫なのでしょうか?太りますか?内臓の問題はまだ自覚はしていませんが皮膚から危ない兆候が読み取れたりするのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 2 年 前.
こんにちは、こちらご投稿のカテゴリを管理しておりますRyoko.M と申します。
お客様がご投稿になられた質問に回答できる専門家をお捜ししておりますが、回答ができる専門家を見つける
には、残念ながらもう少し時間がかかりそうです。
引き続きお探しいたしますが、もうすでにご投稿の質問への回答を見つけられた場合はご連絡ください
専門家:  P-chanDr. 返答済み 2 年 前.

こんにちは。ご相談を拝見させて頂きました。

臨床症状から判断して、シェーグレン症候群の症状に一致しており、診断に誤りはなさそうです。この病気は、数ある自己免疫疾患のうちの一つで、現在のところ、直接的な原因は、残念ながら不明であります。ですので、治療の中心は、症状増悪予防と対症療法ということになります。ステロイドは自己免疫疾患に使用される薬剤で、長期間服用し続けると、やはり中心性肥満や万月様顔ぼうなどが生じるリスクは御座いますが、低容量でシェーグレン症候群の症状が落ち着いている程度なら、継続したほうが宜しいかと考えます。ご参考になさってください。お大事にしてください。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。ステロイドの低容量とはどの程度のことでしょうか?コルチゾールprednisone(Deltasone)5mgを1日1錠は少ないのでしょうか?

関節痛が少し良くなってきました。グーパーをして違和感が少なくなってきました。プラキニルHydroxychloroquine(Plaquenil)200mgを1日2錠のまなくてもいいのでしょうか?この薬はマラリアの薬では?なぜマラリアの薬がショーグエン症候群の薬になってるのでしょう?

専門家:  P-chanDr. 返答済み 2 年 前.

プレドニンに関しては、最大投与可能量は成人で60mg/日と規定されておりますので、5mg/日は最小容量と考えて宜しいかと考えます。また、Hydroxychloroquineはご指摘の通り、マラリアの薬ですが、その後の研究にて、リウマチ(自己免疫疾患のひとつ)の関節痛に対して、抗炎症作用を有することが認められ、他の自己免疫疾患に対しても、疾患症状軽減作用が期待され、投与されることがあります。詳細な作用機序に関しては、不明な点が多いようです。

ご参考になさってください。

P-chanDr., 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 128
経験: 泌尿器科専門医・指導医
P-chanDr.をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問