JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

健康診断の結果について教えて下さい 今回、初めて「脂質代謝異常を認められるので、血液の再検査をお願いします」と通知

解決済みの質問:

健康診断の結果について教えて下さい
今回、初めて「脂質代謝異常を認められるので、血液の再検査をお願いします」と通知が来ました
脂質の結果ですが
総コレステロール 232mg/dl
HDLコレステロール 64mg/dl
LDLコレステロール 157mg/dl
中性脂肪 93mg/dl
年齢51歳 女性 身長160cm 体重51.5kg でした。
閉経はしておりません。
自宅の体脂肪計付きの体重計で測る体脂肪は25%~27%の間です
食生活等の改善や運動をとネットなどで読みましたが、魚介類が一切食べれません。
運動はランニングマシーンを使って週に3回くらい30分走っています。
出来れば薬やサプリで下げれれば思います。
おすすめの薬やサプリがあったら教えて下さい。
再検査にはもちろん行く予定にしています
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。
以前に何度かご質問にお答えしたことがあります。

少し補足情報を下さい。

①「おすすめの薬やサプリがあったら教えて下さい」とのことですが、この場合の「薬」とは、薬局で処方箋無しで購入できるお薬という意味でしょうか?
それとも病院受診を検討されているということですか?

②運動量を増やすことは難しそうですか?

③「魚介類が一切食べれ」ないことは仕方がないと思います。現時点で、総摂取カロリーや脂質や炭水化物などの摂取量には気を配られていますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

ご質問への答えですが

病院には行く予定にしておりますが、現段階では処方箋なしで購入出来る薬またはサプリをお願いします

頑張りたいとは思いますが・・・平日にも走れる(歩ける)日を増やしたいと思います

カロリー他に関してはあまり考えていません。ただ、夕飯には出来るだけご飯を食べないようにして野菜を多くとるようには心がけています。

お菓子が好きで間食が多いのでこちらに関しては出来るだけ食べないように心掛けています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

近年では、コレステロール値そのものだけではなく、「LH比」の重要性が重視されています。
これは、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの比率のことです。
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/110.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

相談者様の場合、総コレステロール値はものすごく高いわけではありませんが、LH比は157÷64=2.45となりますので、警戒すべき値ということになります。

よって、相談者様の場合、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やしつつ悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らし、全体として総コレステロールは200未満に低下させることを考える必要があります。

実際のところ、病院を受診されてしまえば、「スタチン製剤」というタイプのお薬でコレステロール値は比較的速やかに低下します。

市販薬、サプリメントはそれまでの「つなぎ」と考えられるべきでしょう。
市販薬やサプリメントで、総コレステロール値を下げるというエビデンス(証拠)があるものはありません。
唯一、EPA・DHAが、高コレステロール血症の合併症である動脈硬化イベントのリスクを下げることが証明されています。
http://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c03/10.html

これらは青魚の魚油に多く含まれる成分ですが、魚介類が苦手ということですので、サプリメントで補充されるのがよいでしょう。
ただ、量が過ぎるとむしろコレステロール値が上がるという研究もありますので、推奨量を守っていください。

もう一つ、漢方薬である防風通聖散も、高脂血症に有効とされています。
http://shohei-clinic.com/kanpo6.html

防風通聖散は処方薬ではありますが、市販もされているので、病院に行かなくても入手が可能です。

高コレステロール血症に対する科学的根拠や臨床実績があり、市販薬・サプリメントとしてお勧めできるのはこの、EPA・DHAと防風通聖散です。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問