JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お世話になります。明日一日人間ドックを受けます。 毎年胃カメラはうけており、今年1月中旬に受け、ポリープは以前から

解決済みの質問:

お世話になります。明日一日人間ドックを受けます。
毎年胃カメラはうけており、今年1月中旬に受け、ポリープは以前からありますが、問題はなく胃はきれいですとのことでした。4月中旬より食後みぞおちが重く不快な感じがあり(以前からもありました)受診しました。1月の胃カメラでは胃も食道もきれいなので、機能性デスペプチア(?)とのことで、アコファイドを1日より飲んでいます。ずいぶん楽になりましたが、まだ胃が重いときはあります。すっかりよくなるまでは日がかかりますか?
人間ドックで胃のバリウム検査があり、主治医にそのことをお話ししましたら、1月に胃カメラを受けて胃も食道もきれいなので、バリウム検査は受けなくてもいいけど受けますかとおっしゃいました。
ドックに含まれていますので受けるつもりでいましたが、必要がないなら受けない方がいいですし、どうしようかと迷っています。
1月の胃カメラからまだ4か月も経っていないので、変化はあるものでしょうか?
受けた方がいいのかご意見をいただければと思います。よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。

機能性ディスペプシアは、患者様の体質や、食生活を含むライフスタイルが原因として大きく作用する疾患です。
違いまして、それらが改善されない限りは、「すっかりよくなる」ことはなかなかありません。
http://www.astellas.com/jp/health/healthcare/fd/basicinformation07.html

もしも思い当たる点があるようでしたら、生活面の改善を図るべきであると考えます。

バリウム検査については、私は受けられた方がいいであろうと思います。
胃内視鏡とバリウム検査では、「得意分野」が異なります。胃腸の内壁を直視できる内視鏡検査は胃炎や潰瘍、ポリープなどの検出には有効です。
一方でバリウム検査は胃や腸の伸展度の観察に有用です。例えばスキルス胃がんなどはバリウムで無ければ診断が付きません。
そういう疾患の検出のために、バリウム検査を受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。

胃カメラとバリウム検査は得意分野が異なるのですね。

胃カメラをうけたのなら、バリウム検査は被爆するのであえてしなくてもいいと聞いたことがありましたので、ちょっと不安になりました。

気にせず受けた方がいいですね。

機能性デスペプチアは食事の仕方、生活改善などが大切なのですね。

お腹いっぱい食べてしまったりしますので気をつけます。

また機能性デスペプチアは胃の炎症などはないものでしょうか?

機能性デスペプチアが続くことによって、胃がんなどになる場合はありますか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

胃カメラとバリウム検査は、被爆の問題も考えて、1年おきに受けられる(胃カメラ⇒バリウム検査⇒胃カメラ⇒バリウム検査……)ことにしている方もおられますね。それはなかなか賢明な方法だと思います。

「機能性デスペプチアが続くことによって、胃がんなどになる場合」があるかどうかは、機能性ディスペプシア自体が最近になって認知された疾患概念ですので、まだ答が出ていません。
しかし機能性ディスペプシアの病態からして、がんの誘発は考えにくいと思います。

機能性ディスペプシアとは、「胃の痛みや胃もたれなどのさまざまな症状が慢性的に続いているにもかかわらず、内視鏡検査などを行っても、胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃がんなどのような異常がみつからない病気」と定義されています。
一般的には胃がんは潰瘍やポリープが悪性化して生じますので、それらを伴わない機能性ディスペプシアは、がんには繋がらないと考えられます。

> 機能性デスペプチアは胃の炎症などはないものでしょうか?
炎症も含めて、胃の病変が全くみつからない場合に機能性ディスペプシアの診断が付きます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございました。

先日人間ドックで胃バリウム検査を受けてまいりました。

結果は後日郵送されます。

カメラとバリウム検査では得意分野がちがうとお教えいただき、迷っていましたが受けようと思いました。

またアコファイドを服用しずいぶん楽になってきました。

自分の胃をいたわっていきたいと思います。

お世話になりました。

ご回答に満足の評価を選ばせていただきました。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
わざわざのご連絡ありがとうございます。

どうかお大事になさって下さい。

医療 についての関連する質問