JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

87歳の母ですが、左目の視力が無くなり、腫瘍の影響と診断されました。鼻からの内視鏡手術で、右目は大丈夫でしょうと、言

解決済みの質問:

87歳の母ですが、左目の視力が無くなり、腫瘍の影響と診断されました。鼻からの内視鏡手術で、右目は大丈夫でしょうと、言われましたが、なにしろ高齢ですので、3週間の入院により、寝たきりになってしまうのを、懸念しています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

症状が視力障害、治療が「鼻からの内視鏡手術」ということですから、お母様は下垂体の腫瘍を患われているのではないかと推察致します。

確かに、寝たきりになってしまうリスクは否定できないと思います。
「高齢のためいろいろな 影響をしんぱい」されていることもお察し致します。下肢の筋力低下による寝たきり以外に、肺炎や、認知症の発症なども手術のリスクとしては提示されているのではないでしょうか。

それを踏まえて、ご質問内容を教えて下さい。

JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

従いまして、相談者様、専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要がございます。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?
「?」で終わり、それに答えらればプラス評価をしていただける質問文形式の文章をご記載下さい、という意味です。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
鼻からの内視鏡手術以外にも治療方法があるのでしょうか。
それが出来る医療機関が有るのでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

①まず、腫瘍は下垂体腺腫で間違いないでしょうか?
診断名や術式、受けられた説明に関して、出来うる限り詳しく教えていただけますと幸いです。

②「鼻からの内視鏡手術以外にも治療方法があるのでしょうか」というのは、ニュアンスとしては、「他の術式があるのか」という意味でしょうか。それとも、「手術以外の治療方法があるのか」という意味でしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
①下垂体腺腫です
手術をして、必ずしも左目の視力回復は望めないかもしれないが、右目は大丈夫でしょうと、手術は鼻からの内視鏡で、耳鼻科の先生とおこなうようです。鼻にガーゼを3日間入れておくそうです。
②手術以外の方法があれば教えてください
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

結論から申し上げますと、現在提示されている手術を受ける以外の治療選択肢は無いと思われます。

視力障害を伴う下垂体腺腫は手術の絶対適応です。
http://plaza.umin.ac.jp/sawamura/braintumors/pituitary/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

薬物療法を行っているうちに失明してしてしまうリスクがあるからです。
お母様の場合は、下垂体が視神経交叉を強く圧迫するタイプの腺腫なのだと推察します。
http://neurosurgery.med.u-tokai.ac.jp/edemiru/img/kasui5.gif

これがまた悩ましいところで、実は手術にはもう一つ、「ガンマナイフ手術」が選択肢としてありうるのですが、「視神経は放射線障害に弱く副作用を起こしやすい」ため、視神経に密着している下垂体腺腫にはガンマナイフを使用することができないのです。
http://www.gamma-knife.jp/case/detail/pit.html

ガンマナイフ手術は2泊3日程度の入院で済み、高齢の患者様でも安全に行える手術なのですが、お母様の場合は適応になりません。

従いまして、頭書したようなリスクはありますが、経蝶形骨洞手術(鼻からの内視鏡手術)が唯一の治療選択肢ということになるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございました。
参考になりました。
ちなみに、3週間の入院になるらしく、だいたいその位かかるのでしょうか?
もう少し早くなればとおもうのですが、、、
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

3週間は長いですね。

もちろん、個々の患者様の容態次第ですが、経蝶形骨洞手術の場合、一般的には入院期間は2週間いないです。

その部分についは、相談の余地があるかもしれません。

医療 についての関連する質問