JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Zawan24に今すぐ質問する

Zawan24
Zawan24, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 532
経験:  1998年医学部卒業
81186992
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Zawan24がオンラインで質問受付中

妻が統合失調症なのですが、病識がなく投薬の必要性を感じておらず、なかなか安定して治療を続けてくれません。 今までに

質問者の質問

妻が統合失調症なのですが、病識がなく投薬の必要性を感じておらず、なかなか安定して治療を続けてくれません。
今までに入退院を繰り返しているのですが、退院後しばらくすると注射を拒否して飲み薬に変え、そのうち飲み薬を飲まなくなり、悪化して入院ということを繰り返しています。
子供が生まれてから2回も入院しているのですが、その際に乳児院に預けることになってしまい、引き取りの条件として、治療を続けること、私が1か月に1回程度は通院に付き添うこと、などを条件に引き取りできることになり、昨年9月に引き取りました。
その際に、昼間に私が会社に行って不在なので、子育てに協力してもらえるように、妻の実家で妻のお母さんの協力のもと、子育てすること、そして週末は必ず私も実家に行く(車で2時間程)ことになりました。
しかし、そのころから既にリスパダールコンスタ注射の量が、必要と医師から言われている量でなく、最低限の量で注射治療を受けていて、最近になって、太りたくないという理由だけで、保健師さんや児童相談所の反対を無視し、注射を拒否して飲み薬に変更しました。
私も2週に1回の通院に毎回付き添えるわけもなく、付き添ったときはなんとか注射させていたのが、付き添えない時に注射拒否して帰宅したようです。医者も患者が嫌がるのを無理強いできないということで、次回通院時に仕方なく飲み薬に切り替えたようです。
それで、次回は会社をクビになっても休んで絶対に通院に付き添うと伝えたら、ついに離婚調停にまで発展してしまいました。
妻はデパスに依存しており、医師がデパスを減らしていこうと提案しても、絶対に継続すると言って断固として減らそうとはしません。
ということもあって、通院だけは続けていますが、デパス以外は飲まないことがあり、そのうちずっと飲まなくなってしまいます。
1か月半ほど前から、一緒に病院に一緒に行くことを拒否していますが、ついには勝手に病院を変更してしまい、家族、保健師さん、含め、だれにも変更先を教えてくれず、正しい治療を続けることも難しくなってしまいました。
先日、保健師さんと、児童相談所の人が訪問し、状況をヒアリングした際に、ビデオカメラで撮影するなどしていたそうです。
かなり被害妄想が激しくなっているようで、このままだと間違いなく入院するまで悪化するのを待つのみという状況です。
ただ、どこに相談しても、暴れるわけでもなく、通院もしているし、そこそこ子育てもやっているので、今すぐどうこうできる状況でもないと言われてしまいます。
このままだと、一番つらい思いするのは子供になってしまうので、妻がきちんと治療を続けてもらうのが一番なのですが、それが見込めない状況です。
そうすると入院させるしかないのかと思いますが、現状の状況だと、連絡した病院としても緊急に対応が必要な状況じゃないという判断で、まずは主治医に相談してとなってしまいます。
こちらとしては、そうしたくてもどこに通っているのかわからないので、主治医に相談も難しいのです。
また、一方で離婚調停を進めているのに、毎週末私が行くことは拒否せず、GWは一緒にディズニーランドに行く計画になっています。
妻がどうしたいのか、さっぱりわかりません。
また、この先、妻が医師の診断通りに治療を受け付けてくれるようになるには、どのようにしたらよいのかわかりません。
なにか、アドバイスをお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 1 年 前.

おはようございます。

残念ながらどうにもならないと思います。

奥さんが医師の診断通りに治療を受け付けてくれるようになることは、少なくとも短期的には無いでしょう。

妄想に左右された言動が目立つ一方でかなり賢しい行動もとっていますから、精神症状(幻覚や妄想などの陽性症状)はある一方で、陰性症状(人格水準の低下や平板化)は少ないタイプの患者さんなのだと思います。
元来の知的レベルも高いのでしょう。
それだけに手に負えません。

経験的に言わせていただければ、長い期間をかけて少しずつ病識らしきものが芽生えていくか、一生このままかのいずれかでしょう。
一昔前なら「一生入院」扱いをされていたタイプの患者さんですが、現在の医療制度ではそれはかないません。入院自体が、最低限の期間・回数しか許されませんので「回転ドア現象」すら期待できないのです。
http://www14.atpages.jp/piaheart/ehs17.html

妻がどうしたいのか、さっぱりわかりません、ということですが、正常と異常が、奥さんの中では矛盾無く混在しているわけですから、健常者のあなたにそれを理解することはできないでしょう。

傷口がこれ以上広がらないうちに別れるという考え方をするか、理解は出来ないけれど一生支えていくという考え方を採るかの二択だと思われた方がよいでしょう。

ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.

やはり、どこの回答もほぼ一緒です。

子供のことを考えると、理解できないが支えるという結論になると思います。

専門家の意見としてはどうしてもこうなるのかなぁと思いますが、私や妻のお母さんもかなり疲弊していますし、周りの方々にものすごく迷惑をかけているので、もっとより良い回答を期待していました。

妻の場合、幻覚はなく、幻聴も何も聞こえてないのに聞こえるということではなく、言葉や何かの音ををネガティブに誤認識して、あの人にけなされたとかわざと大きな声出したとかそういう風にとらえる感じです。

専門家:  Zawan24 返答済み 1 年 前.

扶養の保険を使用して保険診療を受けているのであれば、レセプト請求すれば受診した医療機関がわかるかもしれません。また、自立支援医療を使用しているのであれば、医療機関と薬局は指定されているものと思います。
まず、医療機関の確認を急ぎ、分かり次第担当医に現状の情報提供されることが望ましいと思います。

あなた含めご家族が迷惑被り疲弊しているのであれば、ご家族で強制的に医療機関を受診させ、医療保護入院の適否含めて医師と話し合われることが必要になってくると思います。
現在離婚調停中であるならば、相談主様は患者さんと利害関係が発生しているため、保護者とは不適切となる可能性がありますので、実母の方が保護者になると思われます。

より詳しい回答を期待したの評価はマイナスの評価となり報酬を受けることができません。質問がありましたら,評価をしないか,又は、回答が得られ満足以上の評価をして躊躇わずに質問してください。回答はまだ終わったわけではありません。

Zawan24, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 532
経験: 1998年医学部卒業
Zawan24をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

すみません、平日は遅くまで仕事をしていて週末は妻の実家に行く生活のため、メールを見る頻度はあまり頻繁ではありません。

ご容赦ください。

保険の使用先の情報は、2か月に1回ほどはがきが届くので、それで知ることはできるのは知っていましたが、レセプト請求というものをすれば、すぐに知ることができるのですね。

良い情報をいただきました。ありがとうございます。

本人と一緒に受診とのことですが、おそらく本人が同席を強く拒否すると思うので、一緒の受信はかなり難しいと思います。

以前も同様なことが何度かありましたが、あらかじめ入院する旨を医師と整合の上、家族が無理に連れて行って、そのまま入院させるパターンでした。

入院が必要なくらいに悪化しないと、入院させるところまで話が進まないため、いつもこのようなパターンになっています。

つまり現状の容態だと、入院するほど悪化していないため、あらかじめ入院するという整合が難しく、よって家族同席の受診はその受診後の対応やその際の子供への影響を考えるとかなり難しいと考えています。

また、妻の母親と父親の同席のみで私が同席しないとなると、なおさら言うことを聞かない状況になると容易に想像できます。

ところが、市の「こころの相談センター」に妻の母親が相談したところ、入院させる方向で、変更前の病院の方で受け付けてくれるとのことです。

詳しい話はこれから聞きますが、あまりずるずると延びないようにすんなりと事が進むように慎重に対応したいと思います。

参考までにお聞きしたいのですが、医師が入院が必要と判断する基準について、だいたいどのようなことで判断するのでしょうか?

だいたいわかっているつもりですが、何か得るものがあるかもしれないため、念のためお聞きします。

その情報を元に、変更前の病院で話し合ってきたいと思います。

専門家:  Zawan24 返答済み 1 年 前.
一般的なことになってし合いますが、精神症状の有無とその程度、患者さん自身や周囲の人達への影響の程度などをみて総合的に判断します。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問