JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2013年4月より10月末まで「悪性リンパ腫」抗がん剤化学療法「ESHAP療法」を4クール行いました。 (ABVD

解決済みの質問:

2013年4月より10月末まで「悪性リンパ腫」抗がん剤化学療法「ESHAP療法」を4クール行いました。
(ABVD療法の予定が体に合わずショックを起こしました)
3クールまでは特に問題なかったですが4クール目が終わった後から手足左右くるぶしから先がしびれています。
血液内科の医師の処方で「リリカ」等や漢方薬処方されましたが体に合わず副作用でめまいがして寝込んでしまうので現在薬の服用は一切ありません。
(ビタミンB12「メチコバール」も1年ほど服用)
時間が経てば治癒の可能性もあると話していましたが1年半になりますが変化なしです、今後少しでも緩和する方法はないでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。
原因あっての治療ですので、相談者様が困られているしびれの原因=診断がわからなければ「緩和する方法」についての助言をして差し上げることは困難です。
しびれの原因について、主治医からはどのように説明を受けられていますか?
抗がん剤の副作用による末梢神経障害でしょうか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

遅くなってすみません

血液内科の医師が現在主な主治医ですが、血液内科の医師ははっきりとは言いませんが緩和ケア科医師は末梢神経障害と話してその対処療法でしびれに有効と思われる薬を試しましたが効果が出なかったり、副反応が強く出てしびれより辛くなり医師の指示で服用中止しました。

希望としては完全にしびれがなくならなくても少しでも緩和すればと思っています。

特に睡眠時しびれでなかなか寝付かれないので睡眠導入剤「レンドルミン」を処方の半分量服用しています、少ないので不要かと思いますが飲み忘れて寝たときなんで眠れないのか?

今日は薬が効かないと思うと服用してない時でした。

現在「悪性リンパ腫」の治療後の薬の服用は全くないです、レンドルミンの処方のためメチコバールを処方しています。

その他腎機能も抗がん剤でダメージ受けているのでしびれに関する薬や他の薬も腎機能に悪影響が出る恐れがあるので服用を中止してこれ以上悪くならないように経過観察中です。

経過観察の診察は採血後診察と毎月行っています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
ご返信ありがとうございます。

抗がん剤による末梢神経障害は多くの場合は原因薬物の投与が中止されてから3~6ヶ月後には改善が認められます。脳や脊髄のような中枢神経とは異なり、末梢神経はダメージを受けても回復する性質があるからです。

しかし残念ながら、相談者様のように、痺れや痛みが慢性化してしまう患者様もおられます。

この状態を慢性疼痛(神経障害性疼痛、神経因性疼痛)と呼びます。
怪我や慢性的な刺激、薬物投与、手術などがきっかけとなり、末梢神経が傷つくことが原因で、本来の神経損傷が治癒した後も疼痛が続くと病態のことで、近 年では、末梢神経だけではなく、痛みの信号を中継する脊髄や、その信号を受け取る脳のある部位も神経因性疼痛の原因の一端を担うことが知られてきていま す。
http://www.naoru.com/toutuu.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

敢えて単純化して申し上げれば、刺激を受け続けたことによって末梢神経が少なからず傷つき、混線が起きてしまったような状態です。刺激・傷の程度や場所とは関係が無く、滅多に起きないが、起きるときには起きる、といった印象の病態です。

治療としては、通常の鎮痛剤は効きません。
神経の信号の伝達を統制するようなお薬(リリカ、一部の抗てんかん薬、抗うつ薬、麻薬性)の服用や、程度によっては神経ブロック注射などが必要になります。

相談者様も服用されたリリカはこの目的で最も広く用いられるお薬ですが、眠気やふらつきと言った副作用のために、有効用量(1日300mg)まで用いることができないことがしばしばあります。

神経の混線は神経因性疼痛が続けば続くほどもつれていく傾向がありますので、出来るだけ初期に適切な治療を受けておくことが重要です。

相談者様の場合は、腎機能との兼ね合いでこれ以上服薬量を増やすことが難しいということであれば、神経ブロック注射によるしびれの緩和が検討されるべきかと存じます。

神経因性疼痛の治療はペインクリニックにて行われます(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)ので、お早目の受診をお勧めいたします。
以下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。現在の主治医に紹介状を作成してもらって受診されて下さい。

全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)
http://www.pain.ne.jp/

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問