JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は30年ほど前に外鼠径ヘルニア、2年前に内鼠径ヘルニア(左右)の手術を受け左右に二つメッシュが入っています。術後間

解決済みの質問:

私は30年ほど前に外鼠径ヘルニア、2年前に内鼠径ヘルニア(左右)の手術を受け左右に二つメッシュが入っています。術後間もなくから下腹部が膨らみちくちくとした痛みがあります。気持ちが悪いことを我慢をすればテニス、水泳などの運動もできますが毎日の不快感は
どうしようもありません。先日執刀医に見てもらいましたが、お腹全体を覆うような大きなメッシュを入れる手術があるが効果があるかは断言できないといいます。私も73歳という歳のため、手術をして逆に体力が衰えてしまうことも心配で決断がつきかねる状態です。
過去の症例などがあれば御教示願えると幸甚です。
所沢市小手指町 田中洋
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

守備範囲違いかと思われるかもしれませんが、鼠径ヘルニアの術後の疼痛や違和感は、神経内科やペインクリニックにしばしばコンサルトされる問題です。

というのは、これらの症状は、単に異物が挿入されたことによる単純な痛みや違和感ではないようなのです。

術前の説明文書には、おそらく術後の慢性疼痛に関する記載があったはずです。
と申しますのは、鼠径ヘルニアの手術では、精管、血管、神経で構成される鼠径管と呼ばれる管に操作が及びますので、神経が締め付けられたり圧迫されたりして、術後に疼痛が高い確率で生じるからです。
その疼痛の弱いものが「違和感」ではないかと考えられています。

つまり、敢えて単純化して申し上げると、手術の操作によって起きてしまった神経過敏状態であると解釈されているということです。

「ヘルニア診療で問題となるのは、手術後何週間も経つのに痛みや違和感がひどくて日常生活に支障をきたす状態です。そのメカニズムは未解明の部分が多いのですが、鼠径部を支配する神経の障害や、メッシュそのものに起因する異物感が原因と言われています。軽症例では鎮痛薬をしばらく飲み続けていただいて自然軽快を待ちます。痛みが頑固な場合は麻酔科医師による神経ブロック注射が提案されます。メッシュ摘出は最後の手段になりますが、簡単な手術ではありませんので話し合いを十分に行った上での選択になります」
http://www.dr-hernia.info/z-hernia5.html より引用
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

相談者様の主治医が提案されたようなメッシュの他、違和感が少ない半吸収性のメッシュも実用化されています。
https://www.jnj.co.jp/jjmkk/general/dr/hernia/hernia_2.html#sec03

ただ、メッシュの取り替えとなりますと手術の負担は大きいですし、神経過敏が違和感の原因であるならばその再手術も功を奏さない可能性がございます。

私の立場では、こうした可能性について主治医とご相談になり、まずはペインクリニックを紹介してもらって受診され、慢性疼痛に準じた治療を試みられることをお勧めします。

どう思われますか?

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速の回答ありがとうございました。私の主治医の話といただいた大橋先生のホームページを参照する限り、私の症状は原因はともかく鼠径ヘルニアが再発したもの(先の手術では腸を支えきれなかった)と思われます。

私の主治医も再発に対する手術(大きなメッシュを再挿入する)は大手術でいまだ経験がないと言っておられます。

大橋先生の資料ではTR法、AP法などの治療法が書かれていますが今までに多くの実例はあるのでしょうか?一度専門医の意見を聞いたほうが良いでしょうか? 先日の診断ではCT 画像もとっております。

一方私のホームドクター(内科医)からは一度鎮痛剤を飲んでみるかと言われ今日から服用しています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

再発となると私の守備範囲外になりますが、あまりよく聞く話ではないですよね。

一般論として、再手術となると、癒着が生じている分、術者のより高い技量が必要とされます。

できれば、現主治医から紹介状をもらった上で他の腹部外科の専門医を受診されてセカンドピウ二オンを受けられ、再手術が必要と判断された場合は転院も視野に入れるべきかと存じます。

手術の性質上、1回目をしくじった外科医が、2回目を成功させられる確率は高くないと考えられた方がいいのではないでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 2 年 前.

先生のお返事には参考になるところ大で感謝します。 私としては鼠径ヘルニアの専門医の方のご意見が聞きたかったので若干不満です。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
そうですか。そうですね。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問