JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

左手中指の爪に、2年くらい前から薄黒い筋があります。 調べてみたら、メラノーマという恐ろしい病気らしいです。 こ

解決済みの質問:

左手中指の爪に、2年くらい前から薄黒い筋があります。
調べてみたら、メラノーマという恐ろしい病気らしいです。
この筋は2年前から比べて変化はなく、筋も濃くなったり、筋の幅も広がったり……などはしてません。
また、爪の周辺に出来物なども無く痛みもありません。
メラノーマというのは、どれぐらいで進行するんでしょうか?
2年という期間は、もう悪性になっている可能性が高いでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.

おはようございます。

メラノーマ=悪性黒色腫ですから、メラノーマなのであれば最初から悪性です。

進行は非常に速く、転移も多いかなりタチの悪いがんです。

現在体調に問題が無く、2年前から比べて変化はなく、ということであれば、メラノーマでは無いと思うのですが。
http://皮膚がんほくろ.xyz/category6/entry63.html

質問者: 返答済み 2 年 前.

母に相談してみましたら、「わたしにも、薄黒い筋はある。でも、しばらくしたら消えた。」と申しておりました。

じつは、わたしは生まれつき、脳に持病を抱えてまして、先天性の水頭症なのですが……。毎日、朝晩とデパケンRとフェノバールというてんかんの薬を服用しております。脳に持病があって、メラノーマの治療をする場合、体が変調をきたすということはありうるのでしょうか?

わたしの薄黒い筋は2年前から変化はありませんが、そういう場合は「爪にできるほくろ」というものでしょうか?

爪にもほくろはできることがあり、そういう時は黒い筋が通るのだそうです。ですが、メラノーマと思い込んで皮膚科へ通院なさる方もいらっしゃるという記述も見つけてしまいました。

支離滅裂な文章で申し訳ないです。せっかく、先生が「あまり心配することは無い。」と仰っているのに……。最初に申しあげた、母の「しばらくしたら消えた。」ということはあるのでしょうか?「(薄黒い筋は)血の巡りが悪くなっている証拠だから、野菜をたくさん食べなさい。」と母に叱られたばかりです。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

まず、脳の疾患や抗てんかん薬がメラノーマ治療の支障となることはありません。

爪に境界鮮明な黒茶の線が現れていることはしばしばあります。
「爪甲色素線状」と呼ばれます。

爪の黒い線の色が濃くてまだら・爪の黒い線の幅が広く色の境界の左右が非対称・爪の黒い線の幅が広がってきた盛り上がってきた・爪の周りの皮膚に黒いしみだしがあって爪が変形してきた、これらの変化が速いペースで起こる、という場合には悪性黒色腫の可能性が高くなります。
http://www.onh.go.jp/derma/compare.html

あなたの爪の黒い線はこの特徴をことごとく満たしませんので、メラノーマを含めた悪性のものである可能性はきわめて低いと考えます。

爪甲色素線状(爪のほくろ)が悪性であることはごくごく稀です。しかし悪性だった場合のリスクは極めて高いですから、いちど皮膚科専門医を受診されることをお勧めします。

大半の悪性黒色腫(が疑われる爪の黒変)は、経験を積んだ皮膚科医が視診すれば、それだけで悪性かどうかの判断が付きます。この時点で「悪性の心配はない」と言われれば、診察はそこで終了です。

視診して悪性黒色腫が疑われた場合、ダーモスコピーという機器で検査を受けることになります。
ダーモスコピーは要するに性能の良い拡大鏡なので、患者様は全く痛くありません。
ダーモスコピーで悪性所見が否定できない場合は生検を行うことになります。

下記のサイトから、日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医とその勤務先医療機関が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【社団法人日本皮膚科学会 | 皮膚科専門医MAP インデックス】
http://www.dermatol.or.jp/medical-specialist/map/

以上、ご参考になれば幸いです。

Nyarlathotepをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問