JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4039
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

主人は昨年5月に肺がんで小細胞がんと診断され、抗がん剤治療を4回する予定で入院しました。2回目の後と3回目の後で肺炎

質問者の質問

主人は昨年5月に肺がんで小細胞がんと診断され、抗がん剤治療を4回する予定で入院しました。2回目の後と3回目の後で肺炎になり、4回目は肺の炎症を抑える点滴をして、食欲が落ちたので、体力もなくなり結局中止しました。その時点では腫瘍はかなりきれいになっていると言われました。10月の初めに退院して体重も食欲も最初の半分くらいまで回復したのですが、11月いっぱいで会社をやめ、12月頃から手足のしびれが始まり、ゲップと便秘で苦しむようになりました。その後も抗がん剤の影響か味覚障害もあり、体重はまた元に戻ってしまいました。CTの結果、肺門部の血管を腫瘍が圧迫しているので、できるだけ早めに抗がん剤治療を始めた方がいいと言われています。このまま抗がん剤治療を始めてまた肺炎になるのではないか心配です。体力はどうしたらもどるのかも教えてください。最近は手足のしびれもひどく、あまり動かなくなっています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
その抗がん剤の名前を教えてください。もしわかれば肺炎を治療した薬の名前も教えてください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

シスプラチン・ペプシドです。1回目はペプシドは158mgでシスプラチンは126mgでした。2回目はシスプラチンを20%減らし、3回目はペプシドを10%減らしました。肺炎の時は抗生物質と聞いただけで薬の名前まではわかりません。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
手足の痺れ、味覚障害はシスプラチンのせいと思います。シスプラチンの代わりにカルボプラチンを使用してはどうかと思います。それはシスプラチンに比べて悪心、嘔吐、神経障害および腎症のリスクが減少します。その効果はシスプラチンと同等です。
質問者: 返答済み 2 年 前.

手足のしびれはまだひどいんですが、治す方法はないのでしょうか?

また、体力が戻らないまま(身長170体重41キロ)で抗がん剤治療を続けて、また肺炎を起こしてしまったら、寿命を縮めることになってしまうんでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
デュロキセチンを毎日30 mgから60 mg飲んでみてください。もし、それが効かないようならガバペンチン/プレガバリン、ノルトリプチリン、アミトリプチリンの飲み薬を試してみてください。
各1.3グラムのゲルにバクロフェン10mg、アミトリプチリン40mg、およびケタミン20mgを医師の処方箋のもとに薬局で配合してしびれる部分に塗ってみてください。
0.5%のメントールを含むカラミンローションを1日2回塗ることが効果があるという報告もあります。
抗がん剤治療の間に予防的にレボフロキサシン(1日1回500ミリグラム)の内服をしてはどうかと思います。また顆粒球および顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(G-CSFおよびGM-CSF)のようなコロニー刺激因子を白血球減少を予防するために使用してはどうかと思います。肺炎球菌とインフルエンザのワクチンは抗がん剤治療を始める少なくとも2週間前に受けてください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問