JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14366
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

81歳になる母の事でよろしくお願いします。 4月7日に入院して左大腿骨脛骨の骨折の手術を4月9日にしました。 母

質問者の質問

81歳になる母の事でよろしくお願いします。
4月7日に入院して左大腿骨脛骨の骨折の手術を4月9日にしました。
母は気管支が弱く手術前から、若干の熱と呼吸するときにヒィーヒィーというような症状がありました。
手術の翌日には顔のまわりと全身に赤い湿疹が出来て二日後には体中がおどろくほど腫れあがり、若干の皮下出血も伴い、38度以上の熱と呼吸障害も出ました。
整形外科医師は4月10日の様子から、抗生物質の薬剤を替えて投与したようですが、肺炎によるものだと言っていました。
4月11日12日には悪化したので、4月13日に整形外科から、内科医師に依頼し診察してもらったところ、抗生剤による過剰反応ということでした。
内科医師は整形外科で使用した以外の抗生剤を試行しながら投与しています。点滴に気管支を広げる薬を投与し、食事が取れないので鼻からチューブを通し栄養剤を投与しています。
4月18日現在、身体の赤みは引いていますがまだむくみがあり、人工呼吸器をつけたままで、微熱が続いています。すでに一週間以上経っており病院の処置に不安を感じております。
このまま今の病院の医師に任せたままでよいでしょうか。それとも転院させて別の医師に見せた方がよいでしょうか。アドバイスをお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。
類似のご質問はしばしばお受けします。
実際にお母様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、抗生物質によるアナフィラキシーショックを起こされている可能性が高いでしょう。
「このまま今の病院の医師に任せたままでよいでしょうか。それとも転院させて別の医師に見せた方がよいでしょうか」とのご質問ですが、現在の状態のお母様を受け入れて治療してくれる信頼のおける病院にお心当たりがおありでしょうか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

転院の心当たりはありません。 しかし母は人口呼吸器の装着を嫌がり泣いて、ひどく落ち込んで側でみていて辛くなります。せめて呼吸(肺)がよくなればと思っています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
その状態のお母様を転院させることは身体的負担が大きすぎます。
受け入れ先の病院の病院が決まっていて、現在の病院が転院に同意し、移送に救急車が利用でき、移送に医師が付き添えないのであれば転院は不可能だと思います。
その条件が整っていないのであれば、現在の病院で治療を継続していただくべきでしょう。
以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

母の様態はかなり悪いのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
それはインターネット相談では判事かねますが、一般論として、人工呼吸器を付けているわけですから、容態は良くないと言えるでしょう。

医療 についての関連する質問