JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

87歳なる父親ですが突然体が動かなくなり、救急車によって最寄りの救急病院に搬送されました。 最初の説明では脳梗塞の

解決済みの質問:

87歳なる父親ですが突然体が動かなくなり、救急車によって最寄りの救急病院に搬送されました。
最初の説明では脳梗塞の疑いと血圧が高いとの事でラジカット30mgとペルビジン10mgをソリターT3号200mlに混合で8ml/hで投与を受けました。二日目のMRI検査で症状の出る部位には梗塞はなく、末端に小さな物があるとの事で再度ラジカットを投与、血圧は下がらずペルビジン10mgのラベルを3枚貼ったソリターT3号の投与を3日間続けております。3日目に一度血圧が下がったのでペルビジンの投与中止しましたが、4時間後ぐらいには190まで上昇。不整脈が出ている為外部式ペースメーカーを取付、埋め込み式ペースメーカーへの変更を進められています。患者は入院後認知症の症状が出て本人の意思を確認できず、点滴ラインを抜いてしまう為、両手を拘束しています。担当医師は名札を付けておらず、担当医の誰々ですとの説明もなく。血圧が下がらない原因を訪ねても何も言わず去ってしまいました。今後の治療方針の説明もなく、只ペースメーカーを埋めた方が良いとの説明だけでした。入院するまでは一人で普通に生活していた父でした。どう対応したらよろしいでしょうか
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
末端に小さな物があるとの所見はなんであるかわかりませんが、血栓または塞栓があるが梗塞にはなっていない状態かもしれません。血栓または塞栓が血管に詰まると血圧が高くなります。それが原因と思います。血栓または塞栓は心臓の不整脈のために起こった可能性があると思います。今後の再発を防ぐために埋め込み式ペースメーカーをつけたほうがいいと思います。入院後認知症の症状は急速に起こったことから認知症というよりもおそらく高齢、その病気および入院からのせん妄と急性錯乱状態と思います。ひどいようなら低用量ハロペリドールを注意深く使うこともできます。その基礎疾患が改善し退院をすればだんだんとよくなると思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問