JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

泌尿器科の診断で『前立腺肥大』だといわれ、現在タムスロン0.2mgを1日1回1錠服用して2年以上経ちますが、小用後の

解決済みの質問:

泌尿器科の診断で『前立腺肥大』だといわれ、現在タムスロン0.2mgを1日1回1錠服用して2年以上経ちますが、小用後のスッキリ感がなく、時間も人の倍かかります。スッキリ感では、以前別の医師から服用されていたフリバスOD錠25mgの方が効き目がありそうです。何れにしろ、現在64歳でこのまま一生続けてもよろしいのでしょうか?これは続けるべきなのでしょうか? また、ノコギリヤシ等市販の薬でも十分なのでしょうか?将来手術の可能性が高いのでしょうか? よろしくお伺いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
前立腺肥大症は進行性の慢性疾患ですが、近年になって、進行そのものを抑止するお薬も使用されるようになってきています。
現在、どれくらいの規模の病院に通院されているのでしょうか?
主治医から説明されている治療方針を教えてください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

通常の泌尿器科専門の町医者に通院していて、『タムスロシン塩酸塩OD錠0.2mg』トーワ1回1錠を服用しています。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます。

前立腺肥大症は加齢に伴う進行性の疾患で、少し前までは、尿道を広がりやすくする飲み薬を用いて、対症療法を続け、進行してお薬では効き目が追いつかなくなったら手術を行うしかない病気でした。
この場合は手術を行うまでは薬を飲み続け、手術後は状態次第で薬を止めたり、続けたりする必要があります。

近年になって前立腺の肥大そのものを抑えるアボルブ(デュタステリド)のようなお薬も用いられるようになっていますが、これも、完全に前立腺肥大症の進行を抑制できるわけではありません。最終的に手術が必要になる患者様が多数派です。

総ずるところ薬物療法は対症療法で、病気が進めば手術が考慮されることになります。
http://uro.med.u-tokai.ac.jp/byoukini/chi_zenhi.html
https://www.med.kyushu-u.ac.jp/uro/topics/topics7.html

ノコギリヤシのような植物製剤は副作用はマイルドですが、効果もマイルドで、やはり対症的にしか効きません。
「ノコギリヤシ等市販の薬でも十分」とは言えないでしょう。

ちなみにタムスロンもフリバスも「α1遮断薬」という同じ効き方をする薬ですので、フリバスの方が効くように感じられるのは相性の問題に過ぎないかもしれません。

このように、前立腺肥大の薬は長期的に服用することを前提に作られていますから、一般的には長く飲んでいても問題はありません。
しかし、お書きになられている、小用後のスッキリ感がなく、時間も人の倍かかる、という重症度とあなたの年齢を考えると、一生薬物療法で逃げ切ることは難しいように思います。

町医者ではなく。手術ができる、設備の整った泌尿器科がある病院を受診されて、いちどきちんとした検査を受けられ、重症度を評価してもらって、手術を含めた治療方針を相談されるべきでしょう。

ご参考になれば幸いです。
Nyarlathotepをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問