JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

96歳の母が自宅で転んで左大腿骨を骨折しました。救急で現在入院している病院に搬送されたのが4/8の夜です 母は心臓病

解決済みの質問:

96歳の母が自宅で転んで左大腿骨を骨折しました。救急で現在入院している病院に搬送されたのが4/8の夜です 母は心臓病(弁膜症)と糖尿現在HBA1C7.3です血圧は現在正常ですが内服薬を常用しています。Drより4/13日にOPの準備が出来たので明日4/11に説明したいと連絡有りました。母はOPしたくないと言っております。周りの方に相談すると予後の事を考えるとOPした方が良いと言う人と 96歳のリスクを考えるとOPしない方が良いと言う人と分かれ私も迷っています。何よりも入院して5日後にOPは早いのではと疑念をいだいております OPするにしても もう少し体調を見極めてからでも遅くはないのではと思っております。このように早急にOPして良いものなのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
入院→手術のタイミングとしては、一般論としては決して早すぎることはないと思います。

「何よりも入院して5日後にOPは早いのではと疑念をいだいております OPするにしても もう少し体調を見極めてからでも遅くはないのではと思っております。このように早急にOPして良いものなのでしょうか? 」と、明日の説明で執刀医に尋ねられるのがベストでしょう。

お母様を診察することも検査所見を拝見する術もない我々には、お母様という個別の患者さんに関して手術が早すぎるかどうかを判断する術がありません。

ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

96歳という年齢と合併している病気を考えるとOPのリスクはどの程度なのでしょう?OPをしないと予後はどのような事が考えられるでしょう。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
その、合併症の重症度やコントロールの程度がこの場ではわからないので、それが手術に及ぼすリスクを評価することができないのです。

手術をしなければ確実に寝たきりになるでしょうし(手術を勧められているということは手術をしなければ骨が癒合しないということだと推察します)、そうなれば、褥瘡、認知症、肺炎を続発する可能性が一般的には高いと思われます。
Nyarlathotepをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問