JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

26年11月5日にゴルフを終わってお風呂に入ろうとして靴下を脱ごうとして、気が付いたんですが、足の指から右足全体が痺

解決済みの質問:

26年11月5日にゴルフを終わってお風呂に入ろうとして靴下を脱ごうとして、気が付いたんですが、足の指から右足全体が痺れているのです。それで足だけかなと思って調べてみると、お腹の右左の臍のところから右側で、大角膜の下から足の指先まで痺れていることに気づきました。自然に治ると思って1か月そのままにしていましたが、一向に変わらないので12月10日に病院の整形外科に行き、レントゲンとMRIを撮ってもらって見ていただきましたが、これといって悪いところはなく、強いて言えば、背骨の第3脊柱と第4脊柱の血管と神経が通っているところが3分の1程度狭くなっているとのことで、血液をサラサラにする薬を貰って飲みましたが、一向にきかないので、今までそのままにしております。今でも痺れが足の指から太ももまで残っている状況です(痺れが始まった時よりは弱まっておりますが?)。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
こんにちは。

背骨の第3脊柱と第4脊柱の血管と神経が通っているところ――という表現ですが、恐らく第3脊柱と第4脊柱とは第3腰椎と第4腰椎のことであり、神経が通っているところとは椎間孔(ついかんこう)のことであると推察致します。

第3腰椎と第4腰椎の間の椎間孔が狭くなっているのであれば第4腰髄神経(L4:脊髄から、第3腰椎と第4腰椎の間を通って下肢に伸びる神経です)が圧迫され、L4が感覚を司る部位に痺れや痛みが起ります。
http://asahi.co.jp/hospital/archive/kaisyo/youtsu/point/images/point_img_01.jpg
↑図です。

しかし、あなたが痺れを感じている部位はより広く、胸椎も含む、より大きな範囲の脊椎のトラブルも考慮する必要があるように思われます。

受診された整形外科は、脊椎・脊髄の専門性が高い病院でしたか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

私の受診した江戸川区の東京臨海病院ですが、整形外科で女性の若い先生で、血管と神経が通っているところで、とりあえず血液をサラサラにする薬を飲んでみましょう、という感じで、その薬も長く(3か月間位)飲まないとだめのような言い方だったので、その後その病院には通院していません。今は薬も通院もしていません。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
高血圧、糖尿病、高脂血症といった、動脈硬化の危険因子となる持病がおありでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

糖尿病はないのですが、血圧が高い(父は脳卒中で死亡)ので、アムロジン錠5㎎、テノーミン錠50・50㎎、ユリノーム錠25㎎、ザイロリック錠100・100㎎、ラシックス錠20㎎、ベザトールSR錠200㎎、ウルソ錠100㎎を飲んでおります。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます。

ずいぶんとたくさんの降圧薬を飲まれていますから、血圧のコントロールが困難だった時期がおありだったのではないかと推察します。
脳卒中の家族歴があることからも、動脈硬化を起こす素地はあると判断されますので、血流障害は起りやすい体質である可能性は否定できません。

その場合、血液をサラサラにする薬を飲むことは、症状の進行の防止には寄与すると思われますが、一生飲み続ける必要があります。
そしてその場合の治療は循環器科で受けられるべきです。
血流障害の有無は循環器科での検査で目で見てわかる語りでわかりますから、いちど規模大きな病院の循環器科を受診されることをお勧めします。

血管の狭小化や圧迫による血行障害が否定された場合は、前に述べた腰髄神経の圧迫による痺れの可能性が考えられます。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
http://www.jssr.gr.jp/list/index.php

ご参考になれば幸いです。
Nyarlathotepをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問