JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Nyarlathotepに今すぐ質問する

Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

抹消神経障害で通院中です。脳にも病巣がみつかり多発性硬化症の可能性があとのことで経過観察中です。線維筋痛症も全く当て

解決済みの質問:

抹消神経障害で通院中です。脳にも病巣がみつかり多発性硬化症の可能性があとのことで経過観察中です。線維筋痛症も全く当てはまらない訳ではないと言われ、困惑しています。総合的な因果関係は何かあるのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
こんにちは。

末梢神経障害にせよ多発性硬化症にせよ、神経内科で治療する疾患ですので、受診すべき診療科は神経内科でよいと思います。

情報リクエストをさせて下さい。

総合的な因果関係は何かあるのでしょうか、とのことですが、具体的にはどの症状とどの症状の因果関係について質問されているのでしょうか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

私自身、頭が整理できておらず、説明が上手くできませんが、発症当初より、手足の痺れや疼痛意外にも眼痛や舌の痺れ等を説明していましたが、脳は関係ないと言われたまま、やっとMRIをしてい頂きました。まだ確定した訳ではありませんが、多発性硬化症をネットで調べたところ、症状のなかに末梢神経障害や認知症の症状も含まれるとの記載があり、顔面や舌の痺れ・違和感は脳に起因するものなのか、また手足の痺れや疼痛も頚椎が原因ではなく、元は多発性硬化症が原因で発症したのではないか、それとも脳の萎縮が原因なのかと色々と考えてしまいます。また術後20年も経っている傷の痛みも神経障害性疼痛に含まれる等、ネットで調べ過ぎたのか自分の中では全てが繋がって思えてしまいます。又、こちらは別の話で恐縮ですが、筋肉量を増やすことが脳にも神経障害性疼痛にも効果があるとのことで自己流で毎日の運動を続けていますが、なぜそれが効果があるのかの理由がわかりません。毎回診察時間が短く、なかなか主治医の先生にしつこく伺う余裕がありません。先生の情報リクエストに答えられているのか心配ですが、ご意見を伺いたいと思います。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

まず、筋肉量を増やすことが神経障害性疼痛に効果があるという医学的な知見は(私が知る限りにおいては)無いと思います。よって、効果があるのだとしても私にはその理由はわかりかねます。

「因果関係」とは文字通り、原と結関係のことです。

その言葉の定義においては、末梢性の神経障害性疼痛(原因)→多発性硬化症(結果)という方向での因果関係はありません。

多発性硬化症の「症状のなかに末梢神経障害や認知症の症状も含まれる」ことは医学的な事実です。
つまり、多発性硬化症(原因)→末梢神経の障害(結果)という因果関係は成立しうる、ということになります。

しかし、神経障害性疼痛と多発性硬化症が、偶発合併(互いに何の関係も無く、偶然2つの病気が発症すること)することもまたありえます

顔面や舌の痺れ・違和感は脳に起因するものなのか、また手足の痺れや疼痛も頚椎が原因ではなく、元は多発性硬化症が原因で発症したのではないか、それとも脳の萎縮が原因なのか、は、少なくともあなたを診察・検査できず、カルテなどでこれまでの経過を把握できない私の立場ではイエスともノーとも、明確には申し上げることができません。
可能性はある、とは思います。

これで回答になっているでしょうか?

質問者: 返答済み 2 年 前.

脳の病巣と萎縮は思いがけない結果でしたので、動揺し自分勝手に悪い方向へと考え、悩んでおりました。しかし、まだ多発性硬化症が確定した訳ではありませんし、認知症の症状が出ている訳でも無いので、もう暫く様子をみていこうと改めて思うことができました。2年近く主治医の先生のお話しだけを聞きながら、あまり体調の改善もなく不安に感じていた為、今回は先生のご意見を伺うことができ冷静に考えることが大事だと気づき大変良かったと思っております。ありがとうございました。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
どういたしまして。
お大事になさってください。
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
経験: 
Nyarlathotepをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問