JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

一年半前から左足を踏ん張ると左臀部と鼠蹊部が痛く歩行が困難な状態です 診断は脊柱管狭窄症と大腿骨寛臼部の損傷と軟骨

解決済みの質問:

一年半前から左足を踏ん張ると左臀部と鼠蹊部が痛く歩行が困難な状態です
診断は脊柱管狭窄症と大腿骨寛臼部の損傷と軟骨の摩耗です。電気治療と腰の牽引、湿布、
リハビリ、鍼治療等していますが効果がありません。腰は痛みません
動かずに居るときは、足や腰にも痛みとか痺れもありません。人工関節手術を勧められていますが、迷っています。よろしくお願いします。78歳男性です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
保存的治療で完全が認められず、生活に支障をきたしている場合は人工関節手術を勧めします。歩行ができるようになり生活の質が向上します。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問