JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

65歳の男性です。昨年の3月で会社役員をおり今は非常勤顧問で週一位で出社しています。昨年の3月頃から体の指先にしびれ

解決済みの質問:

65歳の男性です。昨年の3月で会社役員をおり今は非常勤顧問で週一位で出社しています。昨年の3月頃から体の指先にしびれを感じ始め、病院で脳、頸椎、腰椎のMRIを受けましたが、高齢にみられる程度で特に問題はない、ストレスがなくなって体のバランスが崩れているのではといわれました。5月ごろから手足、その他体中また顔にもしびれが感じるようになりました。その間カイロプラクティックに10月まで通いましたが、改善は見られず、かかりつけの医者から処方箋も受けましたが同じで、程度の差はあれども少しは良くなったり悪くなったりの状況です。今は週1出社、週2ゴルフ、フィトネス、陶芸教室、飲み会など楽しく過ごしていますが、こんな状況で一年もたち、何も良くならず最近はひどくなっているような気がします。漢方薬など処方してもらおうかなとも考えています。どうしたら改善されるのか悩んでいる状況です。よろしくお願いいたします。   茨城県古河市 匿名希望
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
情報リクエストさせて下さい。

一般的には「しびれ」という症状が現れた場合、血管性の病態と神経性の病態の可能性を考えなければなりません。あなたの場合、どちらの要因も、十分に設備が整ったレベルの高い病院で否定され、心因性の病態である可能性を指摘されています。
これに関しては納得されているでしょうか?

しびれが現れている部位(指先に加えて、手足、その他体中また顔)からは、循環器医学的にも、神経学的にも説明がつかないと私も思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

自分では日常のストレスはなく楽しく過ごさせていただいていますが、それでも身体中のしびれがなくならず、そのような状況で心因性といわれるのは良く理解できない状況です。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
ですよね。
私も心因性の疾患の症状としてしびれが現れている可能性は低いと思います。
「ストレスがなくなって体のバランスが崩れているのでは」というのは、いわゆる「荷下ろし症候群」を念頭に置いた説明ではないかと思いますが、質問文の内容からは、あなたにそれが当てはまる可能性は低いように思われます。
http://stresscare.e-rev.net/article/syoujyou/nioroshi.html

ただ、申し上げたように、身体医学的に説明が付けがたい症状であることは確かですから、他の病院で検査を受けても、はっきりとした診断が付いて、治療が受けられる可能性はあまり高くないと思います。

漢方治療など、全人的なアプローチを受けながら様子を見るのはありうる方策ではないかと思いますが、それを希望されますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

今の状態では、ほっておいてよくなるとは考えられないので、漢方治療が良ければ受けたいと思います。通える範囲(栃木県、埼玉県、茨城県等)でどこかあればよいのですがネットで調べても良い医院かわからないので、困っています。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます。

まず、漢方治療の専門医を受診されて見立てを受けられてはと思います。

漢方薬の場合は、西洋薬とは異なり、症状に合わせてお薬が決められるわけではありません。
舌の性状やお腹の固さといった「証」を診て、その患者様ごとに処方されるお薬が変わるのが本来の漢方医療です。

症状は同じなのに処方される漢方薬は違ったり(同病異治)、同じお薬が異なる症状に対して用いられること(異病同治)が漢方ではしばしばあります。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-113.html
http://kanpo.kenko-jp.com/100/ent158.html
http://www.kamponavi.com/library/l03.html

正しい漢方的診察を受け、適切な漢方薬を処方されるためには、専門医を受診することが重要です。
以下に日本東洋医学会の専門医の検索ページのリンクをお示し致しますので、近医を選んで受診されることをお勧めします。

【漢方専門医の検索】
https://www.jsom.or.jp/jsom_splist/listTop.do

栃木県内でも、これだけの専門医がいます。
https://www.jsom.or.jp/jsom_splist/listSearch.do;jsessionid=7D0D1DA65A5E708BF406FC53231F2029

以上、ご参考になれば幸いです。
Nyarlathotepをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問