JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

治療方法についての質問です。よろしくお願いします。 私の父ですが、自転車で転倒し近くの総合病院を受診、即入院と

質問者の質問

治療方法についての質問です。よろしくお願いします。
私の父ですが、自転車で転倒し近くの総合病院を受診、即入院となりました。
MRI検査の結果、膝の十字じん帯を前後とも切断しているとのことです。
手術の必要はなく、装具をつくり、自宅でのリハビリの方法を教わり、約2週間で退院しました。
父は、71歳、農業に従事しています。
アスリートではないので手術は必要ない、日常生活に問題はない、膝回りの筋肉を鍛えればカバーできる、時間とともに膝の横のじん帯が広がり膝を覆うので大丈夫、と説明を受けたようです。
私の友人に柔道整復師がいて相談したところ、十字じん帯が両方切れたなら膝が安定しないから、膝が脱臼する恐れもある、装具で固定し続ければ癒着して膝が固まる、いずれ変形性膝関節症になる、日常生活も大変だろうし手術しなくてもいいのか・・・とのことでした。
父の家は、現在父母と祖父の3人暮らしで、今まで専業農家でやってきたので退職も退職金もありません。いわば生活がかかっていると言ってもよいでしょうし、何より父がまだまだ農業ができるつもりでいます。
今のままで、農業のような肉体労働が可能なのか。今はよくてもいずれ歩けなくなるのではないか、膝の手術、人工関節への転換手術が高齢になることでできなくなるのではないかと心配しています。
診ていただいた先生に聞くこともできず、どうしたものかと悩んでおります。
父は今日退院しました。
先生方のご意見をお聞かせいただければと思います。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
どの程度の損傷があるかわからないので正確なことは言えませんが、あなたのお父さんのように複数の膝の構造の障害がある場合は膝の不安定さが増加するために普通手術をします。膝の不安定さの増加は実質的な活動の制約、ロッキングなどの障害を起こします。また、そのような損傷は変形性関節炎を起こす危険性を増加させるからです。大学病院のような大きな病院でセカンドオピニオンを受けてはどうかと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速の回答ありがとうございます。

やはり、セカンドオピニオンを受けたほうがよいのですね。

今回、父の膝は、外傷はなく半月板にひびが入っているかもとのことでした。

負傷時には大量の水、血が膝にたまりぬいてもらったようです。

膝の手術となると、靭帯の再建手術になるのでしょうか。

年齢的に可能かどうか不安はあります。

人工関節となるとどのくらいで日常生活が可能になるのでしょうか。

父は、過去に脊柱間狭窄症、ヘルニアの手術を受けた後に、左足に力がはいりにくくなり、踏み込んだ姿勢になると倒れそうになるため、右足重心で歩いていました。

今回その右足を負傷したので膝にかかる負荷はより大きくなると考えられるため、炎症が起きやすいと思います。今後の生活を考えた場合、どんな手術がベターなのでしょうか。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
靭帯の再建手術になります。それは40歳以上でも可能です。人工関節の手術ではありません。

医療 についての関連する質問