JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
P-chanDr.に今すぐ質問する
P-chanDr.
P-chanDr., 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 128
経験:  泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
P-chanDr.がオンラインで質問受付中

こんばんは デュアン症候群の事を調べていて、こちらのサイトを拝見致しました。 3歳の娘が、デュアン症候群と診断を

質問者の質問

こんばんは
デュアン症候群の事を調べていて、こちらのサイトを拝見致しました。
3歳の娘が、デュアン症候群と診断を受け、視力は問題なく両眼共に正面を向けているので手術等の対処方はないと言われました。
これからの日常生活、保育園等で、娘や周りの人たちは、どんな対処を気を付けていけばいいのでしょうか?
調べていても詳しい事も解らず、どうしていいか解りません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  P-chanDr. 返答済み 2 年 前.
Customer:












こんにちわ。■はじめに
Duane症候群とは、眼球を外側に向けるための筋肉(外直筋)の異常な神経支配が主因で生じる先天性の眼球運動障害です。
■原因
外直筋を動かす神経核(外転神経核)の形成不全により、外直筋が動眼神経の支配を受けることで生じる疾患です。
■症状
高度の外転障害、内転時の眼球後退とそれに伴う瞼裂狭小が特徴です。内転時に眼球が上転(まれに下転)することもあります。また、顔の回転(頭位異常)や潜伏眼振を伴うことも多いです。
■診断
眼位検査では内斜視が多く、正位、外斜視の場合もあります。障害側に顔の回転がみられることもあります。また、Duane症候群は、その眼球運動の特徴によりI、II、III型に分類されています。
I型は著明な外転制限、内転はほぼ正常、内転時の眼球後退、瞼裂狭小がみられます。
II型は著明な内転制限、外転制限はほぼ正常、内転時の眼球後退、瞼裂狭小がみられます。
III型は外転障害と内転障害があり、内転の眼球後退、瞼裂狭小がみられます。
■治療・管理
両眼開放下で斜位を保っている場合は積極的な治療の必要がなく、経過観察となる場合が多いです。内斜視、外斜視、内転時の眼球の上下偏位や眼球後退、頭位異常が著明な場合は手術の対象となります。しかし、手術による完治は困難な疾患です。

Customer:

上記のように報告されていることから、

Customer:

基本的に視力に問題なく、両眼共に正面を向けておられるのなら、保存的に経過観察するほか、有効な治療法は

Customer:

内容です。

Customer:

これからの日常生活では、成長に伴う、斜視や弱視の発生に留意し、

Customer:

ご自身の病気を認識し出すような、思春期などの精神的なサポートに努めるのがベストではないでしょうか。

Customer:

ご参考になさって下さい。 お大事にして下さい。

医療 についての関連する質問