JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

昨年、9月中旬に交通事故に遭いました。 ですが、骨折はおろか、捻挫すらなく、打撲と擦過傷だけだったのですが、打撲痕が色素沈着として残り、打撲痛が今日まで続いているという状態です。

質問者の質問

昨年、9月中旬に交通事故に遭いました。
ですが、骨折はおろか、捻挫すらなく、打撲と擦過傷だけだったのですが、打撲痕が色素沈着として残り、打撲痛が今日まで続いているという状態です。
最初に頂いた薬は、
セレコックス錠100mg
レパミピド錠100mg
ヤクバンテープ
2回目はシップを大量に頂いたのですが、当初は問題が無かったものの、貼り付け時間が長過ぎたわけでもなかったのに、炎症が起こってしまいました。
痒みがひどかったため、3回目には、ポルタレンゲル1% を処方されました。
救急で運ばれた病院だったため、開院時間が短く、派遣での仕事をしながらの通院は難しく、その後、3ヶ月は痛みがあったものの、通院出来ずにいました。
ようやく、今年に入って自宅近くの病院へ通院できる手続きが取れたものの、既に完治していると思われる状態での治療は、難しいと告げられました。
処方されたのは、ノイロトロピン錠4単位 で、違うアプローチでの薬だということでした。
また、他のどの病院へも持っていけるという紹介状を書いて頂きました。
それが1月下旬でした。
ですが、どの病院へ行ったら良いのか途方に暮れている時に、こちらのサイトに辿り着きました。
仕事をしながら通院出来る病院を探しています。
打撲箇所は左坐骨と右脛骨で、坐骨は右より若干膨れている感じ。
小さいボールの上に座っているような違和感がずっとあります。
一番は、右脛骨が偏頭痛のように突然ズキズキ痛みます。
または鈍痛。
時間も状況も全く関係なく起こり、規則性が全くない。
また、痛みが起こっていない日常では、普通に押したり摩ったりすると、まるで今ぶつけたかのような痛みがあります。
青たんを摩った時の感じと変わらない。
触れなければ痛みはない。
この二種類の状態が、事故から今日までずっとあります。
後遺症の一種とも、二度目の病院では言われました。
また、左脛骨はまっすぐなのに、打撲した右側は、ポコッとしています。
明らかにガタついて、ゴツゴツしています。
レントゲンでは異常はありません。
関係があるか分かりませんが、普段、外股なのに気がつくと、打撲した右側、
右足首が、歩いていて、ふと見ると内側になっています。
そのせいで、歩いていて、よくつまづくようになりました。
普段のように、まっすぐ向かせて歩こうとすると、まるでガニ股で歩いているような錯覚があります。
救急で運ばれた病院でも、二度目の病院でも整形外科でした。
もしかしたら神経が関係していて、通院すべき科が違うのでは、と思いました。
2月下旬から痛みが増しており、毎日のようにズキズキ痛みます。
シップを貼っても痒くなり、痒み止めを塗り、処方されたポルタレンゲルを塗り、皮膚がボロボロです。
治療して頂けるところはあるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
筋筋膜疼痛症候群であるかもしれません。公立病院のリウマチ科を受診してみてください。トリガーポイントインジェクションが効果があるかもしれません。

医療 についての関連する質問