JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
P-chanDr.に今すぐ質問する
P-chanDr.
P-chanDr., 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 128
経験:  泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
P-chanDr.がオンラインで質問受付中

私は平成24年7月に、腸閉そくで入院して手術しました。約7か月で、腹壁貫通ヘルニアになりました。医療ミスではないでし

質問者の質問

私は平成24年7月に、腸閉そくで入院して手術しました。約7か月で、腹壁貫通ヘルニアになりました。医療ミスではないでしょうか
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 2 年 前.
こんにちは、こちらご投稿のカテゴリを管理しておりますRyoko.M と申します。
お客様がご投稿になられた質問に回答できる専門家をお捜ししておりますが、回答ができる専門家を見つける
には、残念ながらもう少し時間がかかりそうです。
引き続きお探しいたしますが、もうすでにご投稿の質問への回答を見つけられた場合はご連絡ください
専門家:  P-chanDr. 返答済み 2 年 前.

こんにちわ。

ご相談を拝見させていただきました。

腸閉塞手術後、7か月目に腹壁貫通(瘢痕?)ヘルニアになられて、医療ミスではないかとのことですが、私は、一概にミスとは言えないと思います。別に医師だからと言って、あなたの主治医サイドに立つわけではございませんが、医療というものには絶対はございません。

ですので、手術を実施される前に、手術に伴う、早期合併症や晩期合併症の説明を受けられたものと推測いたします。その中に、必ず、開腹手術後には、腹直筋の強弱や、腹部手術の既往の有無によっては、ヘルニアという合併症が何%かの割合(施設によってことなります。)で生じてきます。ですので、私は、合併症の範疇だとお答えさせていただきます。

もし、もともとの腸閉塞が回復せず、そのままで、ヘルニアも早期に生じてきて、そうなる可能性の話など、術前にまったく聞かれていなかったとするなら、あるいは、その主治医の日頃の診療に対する怠慢が結果として、あなたに降りかかってきたとも言えるでしょうが、7か月後ということは、それまでの経過が大いに関与しているので、裁判等を起こしたところで、証拠不十分で、敗訴になることは否めないと考えますが、いかがでしょうか。

現状に不服を感じておられるなら、今後は、その病院ではない医療機関に行かれて、腹壁瘢痕ヘルニアの治療を受けられることをお勧めいたします。

お大事になさってください。

医療 についての関連する質問