JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

最近、身体のあちらこちらに浮腫みたいなものができます。できるところはまちまちですが、皮膚の弱いところ弱いところにでて

解決済みの質問:

肺がん手術後12時間ごとのオキシコンチン錠5mgを処方されましたが、12時間持ちません。6,7時間後に痛みが出るとカロナール2錠(腎臓が悪いので)服用しますが、次のオキシコンチン服用までかなりつらいです。今は外科に通院してますがペインクリニックにかかると良いでしょうか。井上
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。 少し補足情報を下さい。 ①手術を受けられたのはいつですか? ②相談者様はこの85歳女性ご本人でしょうか。 ③主治医からは痛みの原因や痛みに対する治療方針をどのように説明されていますか? まず以上、確認させていただけますと幸いです。 ※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返答ありがとうございます

手術は3月4日に受けました

相談者は85歳の女性、本人です

先回(3月16日)の診療(抜糸)では痛みは「筋肉ではないか」と言われました。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
胸郭内臓器の手術は、肋骨を切る、もしくは肋骨の間をこじ開けるように広げるという操作を伴うため、肋間神経の切断や損傷が起こり、それが強い術後疼痛の原因となります。
手術後数ヶ月が経って皮膚や肉がすっかり癒合しても疼痛が続く「慢性疼痛」が肺や心臓の手術の合併症として起こりやすいのはこのためです。
お母様はまだ術後18日しか経っていませんから、痛みの原因は「術後急性期痛」だと思われます。
一般的な消炎鎮痛剤によって疼痛コントロールが行われる時期ですが、これらのお薬は腎臓の血流を減少させる副作用があるため、腎臓が悪いお母様においては十分な疼痛コントロール行えないということでしょう。
しかし、この痛みを我慢することは望ましくありません。
急性期の頭痛を良好にコントロールできなかった患者様ほど慢性疼痛を続発しやすいことが知られているからです。
よってこの時期の除痛は非常に重要です。
痛みのスペシャリストである麻酔科医(ペインクリニシャン)は、疼痛コントロールに関して多くの治療選択肢を持っています。
現主治医と相談された上で紹介状を作成していただき、ペインクリニックを受診されることをお勧めいたします。
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問