JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

87歳の母のことです。骨粗しょう症です。10年以上前に背中を圧迫骨折しています。 ここ2年間整形外科でひざ痛、腰痛

質問者の質問

87歳の母のことです。骨粗しょう症です。10年以上前に背中を圧迫骨折しています。
ここ2年間整形外科でひざ痛、腰痛などで受診しています。
腰のところにブロック注射を週一回しています。
ここ1か月前から腰そのものよりひざから脚の付け根まで脚のなかが絶えず動いているかんじで痛みぱなしでいるそうです。そのためよく眠れず、食欲もなくなっています。
薬は痛みどめを服用し、シップをはっています。
また、2週間前から神経痛かもとのことでその薬もでています。
アドヴァイスよろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①「2週間前から神経痛かもとのことでその薬も」処方されたとのことですが、それでは、「腰のところにブロック注射を週一回」行っていた理由は何だったのでしょうか? ブロック注射=神経ブロック注射は神経痛に対する治療ですが……。

②受診されている整形外科はどれくらいの規模の医療機関ですか? 個人開業医でしょうか。

③お母様が1ヶ月前から困られている痛みの原因を明らかにするために、どのような検査が行われましたか?

④「神経痛かも」以外、主治医はお母様の痛みに対して特別な見解は示されていないのでしょうか。

⑤神経痛のお薬とは「リリカ」でしょうか? お薬の名前と1日量(mg)を教えて下さい。

⑥痛むのは両方の脚ですか?

⑦脚に腫れや変色は無いと理解してよろしいでしょうか。

⑧お母様に他に持病や常用薬があれば教えて下さい。

⑨10年前の圧迫骨折が、腰椎または胸椎の何番に起きたかおわかりですか? 手術をせずに治ったのでしょうか。

⑩その後、2年前までは特に腰痛や下肢痛、膝痛は無く、普通に日常生活を過ごされていたのだと理解してよろしいですか?

⑪現在かかられている整形外科以外の医療機関を受診されることは可能ですか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 2 年 前.

①最初のひざ痛のときは今とは違う整形専門の病院で膝のあたりに注射をしたり骨密度改善の薬を服用。6か月以上のち頭痛外来で通院していた今の病院の整形外科に移り、膝より腰の痛みで腰のほうに注射するようになっていきました。どんな注射か確認します。

②医療法人で診療科目7つある病院です。

③それに関して特に検査はしていません。

④症状の最初は筋肉痛といわれました。

⑥両方の脚です。

⑦はれやアザは見当たりません。

⑧特に持病はありません。今病院からもらっているのは便秘気味なので便通をよくする薬と寝つきをよくする薬(ゾルピデム酒石酸塩錠5㎎、ビタミンD、セレコックス錠100㎎、その他あり。

⑨正確にはわかりません。

⑩整体とか整骨院はあったとおもいますが、病院にかかるほどのことはなかったと思います。

今すぐ答えられるのは以上です。明記していない箇所につきまして、確認したのち、再度返答しますがよろしいでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
実際に患者様を診察できないインターネット相談では出来るだけ多くの情報があった方が回答の精度が高まります。
追加の情報をお待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

1.54① 注射はトリガーポイント注射でキシロカイン注ポリアンプ1%5mL1管,ノイロトロピン注射液3.6単位3mL 1管、リンデロン懸濁注2.5㎎ 1管

⑤神経痛の薬はリリカカプセル2.5mgを夕食後2カプセル

(2月末は1カプセル、3月7日から2カプセル)

3月7日からメチクール錠500ug0.5㎎ 毎食後1錠づつ 追加される

⑧センノサイド錠12㎎、マグミット錠330㎎、エディロールカプセル0.75ug、

⑨手術なし。

骨塩定量検査(DIP)法

2013年4月10日 骨量(mmAI) 1.69

2014年6月14日 骨量(mmAI) 1.46

2014年12月24日 骨量(mmAI) 1.54

以上、前回の報告に追加しますので、よろしくおねがいします、

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

③お母様が1ヶ月前から困られている痛みの原因を明らかにするために、どのような検査が行われましたか?
⇒それに関して特に検査はしていません。

④「神経痛かも」以外、主治医はお母様の痛みに対して特別な見解は示されていないのでしょうか。
⇒症状の最初は筋肉痛といわれました。

とのことで、診断について何も情報がありませんので、回答は「神経痛かも」という、現主治医のたった一言のコメントに基づいて、それを前提に行わざるとえないことをあらかじめご了承下さい。
診断あっての治療ですので、治療に関してもあまり精度が高い回答は、現時点ではお示しできないと思います。

実際にお母様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、痛み場所と「神経痛かも」という主治医のコメント、痛みが両側性であることから、腰椎のトラブルによって、脊髄から下肢に伸びる神経(腰髄神経)の根(神経根)が圧迫されている可能性が高いと考えます。
感覚障害が生じている場所から逆引きしますと、第4腰髄神経(L4)~第5腰髄神経(L5)に圧迫が及ぶような何らかの腰椎のトラブルが想定されます。骨粗鬆症がありますから、変形性腰椎症かもしれません(http://spine.drshujisato.com/blog-category-44.html)。
http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223624414.jpg
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

これに対して行われている治療としては、リリカのしようは不適切だとは言えませんが、用量は不十分です。
神経障害性疼痛(いわゆる神経痛)の治療薬であるリリカ(成分名:プレガバリン)ですが、うまく使いこなされていることは稀なお薬です。
この お薬の用法・用量は「通常、成人は初期用量としてプレガバリン1日150mgを1日2回に分けて経口服用し、その後1週間以上かけて1日用量として 300mgまで漸増する。な お、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高用量は600mgを超えないこととし、いずれも1日2回に分けて経口服用する」ですが、有効用量の1日 300mgまで用いられていることはほとんどありません。
お母様はまだ1日50mg(有効量の6分の1)しか服用されていませんから、効果が現れる時期ではないでしょう(主治医が有効量まで増量する意向があるかどうかは測りかねますが)。

メチクールはビタミンB12で、末梢神経の修復を助ける働きがありますし、有効量を服用されていますが、なにぶんビタミンですから、効果は(現れるにしても)すぐには現れません。3~6ヶ月を要します。

現時点ではお母様は対症療法を受けられていることになり、かつその効果が現れるにはまだまだ時間がかかりそうです。
神経根圧迫による下肢の疼痛であるならば、神経根ブロックというブロック注射が即効性をもって効く可能性があります。

また、腰椎に何が起きているのかを知り、それに応じた根本治療の可否を検討する必要があるでしょう。
そのためには、最低限でもMRI検査は必要です。

お母様の下肢の「神経痛」に関して、その原因を探るための検査を行っていただく、根本治療が可能ならばそれを検討していただく、対症療法を行うしかないのであればペインクリニックを紹介していただく……という方向で主治医と相談されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問