JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
P-chanDr.に今すぐ質問する
P-chanDr.
P-chanDr., 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 128
経験:  泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
P-chanDr.がオンラインで質問受付中

27日に間質性膀胱炎のため、水圧拡張を受ける予定になっていますが、症状が出てから まだ20日です。早く受ける方が良

解決済みの質問:

27日に間質性膀胱炎のため、水圧拡張を受ける予定になっていますが、症状が出てかかけまだ20日です。早く受ける方が良いのかどうか迷っています。

現在は、頻尿はさほど気にならないのですが、膀胱の痛みや、その周囲の傷みが強く、眠れません。

ボルタレンを使用すると、痛みは全く感じず、眠れました。

ネットで色々見ていると、水圧拡張術をしても、すぐに元に戻る人がいることを知り、何度も繰り返し手術する負担や痛みを考えると

膀胱摘出する方が良いのかとも考えたりもします。子供がまだ小さいし、家族に迷惑をかけたくないからです。さ

今は、IPDとボルタレンが処方されています。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 2 年 前.
こんにちは、こちらご投稿のカテゴリを管理しておりますRyoko.M と申します。
お客様がご投稿になられた質問に回答できる専門家をお捜ししておりますが、回答ができる専門家を見つける
には、残念ながらもう少し時間がかかりそうです。
引き続きお探しいたしますが、もうすでにご投稿の質問への回答を見つけられた場合はご連絡ください
専門家:  P-chanDr. 返答済み 2 年 前.

こんにちわ。ご相談を拝見させていただきました。

間質性膀胱炎の診断で、膀胱痛を認め、現在、非ステロイド性消炎鎮痛剤を服用されておられるとのことですが、胃粘膜障害を併発してしまう恐れがあるため、この鎮痛剤を持続で内服しつづけることはよくありません。それよりも、慢性膀胱炎症を抑えるために、五淋散や猪苓湯といった漢方薬を試してみるとか、過活動膀胱に使用する、抗コリン剤やベタニスなどの膀胱平滑筋を弛緩させて、膀胱容量を増加させる治療法を試してみる価値もあると思います。

また、ご指摘の水圧拡張術は確かに有効な方はいらっしゃいますが、全身麻酔下で、筋弛緩をしっかりかけて、拡張してもまた再発する可能性もございますので、一概に症状出現時期からの適否は判断が困難です。いろいろ内服治療を施しても、効果がない場合は、試してみてもいい治療法だと思います。ほかにも、高圧酸素療法などもございますので、ご参考になさってください。ちなみに、膀胱摘出は、考慮する必要性は低く、仮に実施した際には、尿路変向を行うので、さらに生活の質が低下する恐れが高いです。42歳の年齢では、適応はないと考えた方が無難でしょう。お大事になさってください。

P-chanDr., 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 128
経験: 泌尿器科専門医・指導医
P-chanDr.をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問