JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

1年前に変形性膝関節症と診断されています。2週に1回ヒアルロン酸注射をしていました。昨年暮れに、卓球の試合時にコケて

解決済みの質問:

1年前に変形性膝関節症と診断されています。2週に1回ヒアルロン酸注射をしていました。昨年暮れに、卓球の試合時にコケて、右膝を強打して以来みずを抜いています。
週1で4回位になります。約25ミリリットルほど抜きます。なかなか腫れも引かず、痛みも良くなったり
悪くなったりで、治りません。水を抜くのはあまり良くないと聞きます。今後どのような治療を進めて
行ったらよいのでしょうか。ペインクリニックに行ってみようかとも考えています。
ご指導ください。
67歳 女  卓球暦5年
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。
少し補足情報を下さい。
①受診されている整形外科はどれくらいの規模の医療機関ですか? 主治医は本件に関してどのような見解でしょうか。率直におたずねしますが、その整形外科に通院している意義を感じますか?
②膝のMRI検査は受けられましたか?
③ペインクリニックの受診にはどのような期待をされているのでしょうか。
以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

原田明美です。はじめまして宜しくお願いします。

1:整形外科の規模ですが、いつも1時間半は待たされる結構人気のある

お医者さんだと利いています。毎回30人以上は受診してるようですが

詳しくは分かりません。この受診だけで良いのか不安に思っています。

2:膝のMRI検査は受けていません。

3:2週間前に痛みがなかなか治らないので、痛みをとるクリニックとネット

で知りました。痛みで筋肉が硬直して血液の流れが悪くなっているので

はないかと素人判断です。現在は痛みは少し遠のきました。ペインクリ

ニックの受診もどうしたらいいのか判断に困っています。

以上要約しました。ご診断ください。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、「水を抜くのはあまり良くない」というのは俗説です。
http://www.jcoa.gr.jp/sports/h15/contents/jsh32.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

関節液が病的に溜まるから抜かざるをえないわけで、関節穿刺そのものは、清潔を保って行われるかぎり、膝を悪くする方向には働きません。
しかし、水を抜くだけではなく、水が溜まらないように膝関節を治療する必要があります。

ご記載を拝読する限り、相談者様は、そうした、変形性膝関節症に対する根本的な治療を受けられていないように思われます。

変形性膝関節症に対して、まず行われるべきは理学療法です。
一般的なリハビリテーションとしては、大腿四頭筋の筋力トレーニングやストレッチが行われます。これによって膝関節が安定し、膝の関節軟骨のすり減り方が軽くなり、進行が遅くなるとともに痛みも少なくなります。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-130.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

リアラインメントといって、膝関節のバランスを最適化して、半月板損傷がある部位への荷重を軽減する方法もあります。

こうしたリハビリテーションによって、「痛みで筋肉が硬直して血液の流れが悪くなっている」膝の血行の改善も期待できます。

ペインクリニックは、変形性膝関節症末期の、麻薬性鎮痛剤を使用せざるをえない段階でもなければ、受診される積極的な意義は無いと思います。

リハビリテーション施設が併設されていて、理学療法士の指導の下にリハビリテーションを受けられる整形外科医療機関への転院されるべきであると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問