JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんばんは 父の事でご相談させていただきたいのですが、父が誤嚥性肺炎になり、先生よりもう経口で食事ができないの

解決済みの質問:

こんばんは
父の事でご相談させていただきたいのですが、父が誤嚥性肺炎になり、先生よりもう経口で食事ができないので胃ろうか、透析か、ブドウ糖の点滴で死を待つかの選択をするように言われています。
父は79歳なので、いつ何が起きても覚悟はしていますが、頭はしっかりしているし、よくしゃべることもできるのに、栄養が取れないから死んで行くというのはあきらめがつかなくて。
胃ろうでも十分な栄養がとてるんでしょうか?
他に良い方法はないのでしょうか?
後がないのならば食べたいという父に食べさせてあげたいのですが、それをするならば何か起きた時にどこの病院にも見てもらえないといわれました。
去年江戸川病院で頚椎骨化症の手術を受け、骨化した骨を取り除いたのですが、筋肉が線維化していたのがわかり、呑み込みがうまくできなくなり、11月半ばほどから刻みとろみ食の生活が始まりました。
線維化したものは何をしてもよくはならないのでしょうか?
アドバイス宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

Q1. 胃ろうでも十分な栄養がとてるんでしょうか?
A1. 昨今の経管流動食(胃瘻から入れる流動食)は栄養の質・量ともに非常に高品質です。お父様の場合は胃瘻を使用し続けることになりますが、それで十分な栄養を摂取することが可能です。

Q2. 他に良い方法はないのでしょうか?
A2. 「良い方法」としてどのような方法を想定・期待されているかがわかりかねますが、中心静脈栄養(IVH)によってもまた、十分な栄養をお父様に供給することが可能です。
http://www.kokura-hp.jp/hanamegane/nutrition/nst/ivh/ivh.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

Q3. 線維化したものは何をしてもよくはならないのでしょうか?
A3. どこの筋肉が線維化しているのかご記載がありませんが、一般的に申し上げて、線維化した筋肉はもとに戻ることはありません。

以上、ご参考になれば幸いです。

※一般論ですが、この領域のご質問をされる方は、不安感が強いためが次から次へと追加質問を継がれる傾向がございます。
しかし、JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

下記のような事態は避けたいと考えております。
http://www.justanswer.jp/dermatology/5s0d5-.html

いただいた情報に基づいて、インターネット相談で可能な範囲で過不足なく回答をしたつもりでおります。
回答内容に関する確認に準ずる追加質問はこのままこのスレッドで受け付けることができますが、新しいご質問がおありの場合は、このスレッドを評価されて閉じた後に、別の新しいご質問としてご投稿いただけますと幸いです。

======================================
■専門的事項をネット上で簡易回答することの難しさ

利用料金を払っているのに、満足がいく回答を得られずに不満を感じることもありえると思いますが、他方で、医師(や弁護士)は、本来、高度に専門的で複雑な事項を扱っていることもサイトを利用する前に十分認識しておきましょう。

事案や疾病内容、症状は、専門家が実際に直接見て、問診し、検査して初めて正確な判断と処置が可能となります。

そもそも、診療や医学(弁護士であれば訴訟)に関する事項は、相談者が記載した文字以外に情報がないネット上の相談で、満足な回答をすることは不可能に近いです。

し たがって、手軽に利用できる相談サイトは、その手軽さというメリットがある反面、性質上、利用料金をサイト管理者に払っても、契約関係の点でも、判断材料 が限られる点でも、病院で受診する場合とは期待できる回答が全く異なることに留意した上で、利用することをお薦めします。

*著者:弁護士 星野宏明(星野法律事務所
http://lmedia.jp/2014/10/02/57040/
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問