JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

おはようございます。私は2013年11月30日に脳梗塞を発症し2014年3月15日リハビリ病院を退院して現在自宅で自

解決済みの質問:

おはようございます。私は2013年11月30日に脳梗塞を発症し2014年3月15日リハビリ病院を退院して現在自宅で自主トレリハビリに励んでおります。数軒以上のリハビリ施設に行ってみましたが私レベルを指導して下さる施設に出会えず現在自主トレリハビリをしています。
昨年の夏頃からは杖なし歩行も大分出来る様になり近くの新宿御苑で四季の花々、景色などを小型カメラで撮影出来る様に迄なり、手も細かい事が大分出来る様になり始め、卵焼き位はできる様になっていました。寒くなったら、突然太ももの裏が激痛で歩けなくなりました。若い頃スポーツをしていたので、何回か行った事のあるスポーツマッサージで座骨神経痛と診断されました。温める様に言われ帰宅後も入浴後、寝る時は湯たんぽを入れて直接ではありませんが、温めたりもしましたが、激痛はいっこうに治まらず激しさが増すばかり。息子がネットで調べてくれてアイシングし方がいいんじゃないと息子に言われ冷やしたらすごく楽になり、一時はまるで治ったかと思われる位、楽になりました。が寒い日々、寒暖の差が激しい日々が続くと又激痛の繰り返しでポータブルトイレも用意してありますが、杖で行くのがやっとです。もう同じマッサージ療院には行く気はないです。何か気の様なものを入れるのです。
1年前は要介護3でしたが、今回は要支援⒉迄回復してる様です。整形外科?ペインクリニック?を受信した方が良いのでしょうか?アドバイスを頂きたいです。目標は三浦雄一郎さんです。もう一度スイスへ撮影に行きたい。東京都新宿区68歳女性カメラマンです。宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

坐骨神経痛は病名ではなく症状名で、坐骨神経が背骨を出るところから足を下り始めるところまでのどこかで圧迫されると臀部や、太腿の裏側、下肢の裏面・足の裏のだるさやしびれ、痛みなどが現れます。
http://www.oleg-oasis.com/zakotutuu/ZAK1.JPG
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

坐骨神経は4番目と5番目の腰椎の間から出て足の後面を下降する太い神経です。
http://www.ou-hari.com/jpg/a-zakotu.jpg

最も多い原因は腰椎のヘルニアやすべり症、次にお尻の筋肉によって坐骨神経が挟まれる梨状筋症候群です。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

いずれの場合も、痛みがある部位に問題があるのではなく、その部位の感覚を司る神経が上流で圧迫されたことによって起こる症状ですので、痛む部位を温めても冷やしても、じさいのところは治療的意義はありません。

坐骨神経痛が起きている原因疾患を特定し、それに即した治療を受けられるべきでしょう。
ペインクリニックは、その場合の対症的な治療を行う診療科です。
まず原因特定、そして根本的な治療を受けるためには、整形外科を受診される必要があります。個人開業医は受診する意義がありません。
MRI検査を行える規模の整形外科医療機関を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問