JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。先生は10歳の子供のてんかんについては、専門でしょうか?

解決済みの質問:

はじめまして。先生は10歳の子供のてんかんについては、専門でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

指名されたDr. GATOは産婦人科医ですので、小児のてんかんはご専門ではないと思います。

てんかんの場合、非発作時に脳波検査を行っても異常所見が認められない場合がありますので、「MRI,CT,脳波すべて以上なし」(異常なし)であったことはたんかんを除外する結果であるとは言えません。
しかしもちろん、臨床症状だけでてんかんという診断を下すことも少々乱暴です(発作が生涯に1回しか起きていないのであればてんかんとは呼びません)。

小児と成人では脳波の読み方がかなり違ってまいりますので、小児神経の専門医を受診されてはと思います。

以下のサイトから日本小児神経学会認定の小児神経科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本小児神経学会認定 小児神経科専門医】
http://child-neuro-jp.org/visitor/sisetu2/senmon_simeilist/map_simei.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事ありがとうございました。教えて頂いたサイトも参考にさせて頂きます。

説明の補足です。痙攣で運ばれた後、点滴をして、その後安定したので帰宅しようとしたところ、お医者さんの前で再び痙攣をおこしました。ですので先生は痙攣を見ています。1分間の痙攣はその日はそれで2度目でした。痙攣はその2度が初めてでした。

子供は今まで熱性けいれんもなく、この骨折の日(1か月前)から兆候があったと思えるのです。前回にあるように骨折した夜(就寝中)に痛めた腕を振り上げるようなしぐさをしたのが始まりです。その後、1か月の間に同じように就寝中に腕を振り上げるようなしぐさをした日が4,5日ほどありました。そのうち2日は頭痛と吐き気を伴うものでした。

交通事故の後に、ショックが引き金になりしばらくしてからてんかんの発作がでることも症例として出ていた本を読んだのですが、このように子供にとっては恐ろしい、怖い体験が引き金になったということは原因として考えられないのでしょうか?親としては骨折さえなければ・・・という思いがあるものですから。10歳から発症するのは、あまりないケースなのではないのでしょうか?それとも先天性であったが、今まで起きなかったということなのでしょうか?

先生の扱われた症例ではこのような事例があったでしょうか?子供は今は、朝晩の薬でこの数か月、全く痙攣は起こしていません。何事もなかったように過ごしています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
てんかんはあくまで脳の器質的な障害で起こる疾患であって、心理的な要因によって発症することはありません。
相談者様が読まれた「ショックが引き金になりしばらくしてからてんかんの発作が」現れた症例とは、てんかんではなく、転換性障害の症例なのではないかと考えます。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

てんかんはあくまで脳の器質的な障害で起こる疾患であって、心理的な要因によって発症することはありません。

相談者様が読まれた「ショックが引き金になりしばらくしてからてんかんの発作が」現れた症例とは、てんかんではなく、転換性障害の症例なのではないかと考えます。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。

てんかんはあくまで脳の器質的な障害で起こる疾患であって、心理的な要因によって発症することはありません。

相談者様が読まれた「ショックが引き金になりしばらくしてからてんかんの発作が」現れた症例とは、てんかんではなく、転換性障害の症例なのではないかと考えます。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問