JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4035
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

約1年ほど前、自分の落ち度で危うく命を落としそうになり。 闘病生活では、あまり深く考えると怖くなるのでひたすら寝て

解決済みの質問:

約1年ほど前、自分の落ち度で危うく命を落としそうになり。
闘病生活では、あまり深く考えると怖くなるのでひたすら寝て忘れることにしました。
無事、退院しその分仕事に打ち込むようになりました。そんな中、金銭トラブルがきっかけで過度に人の世話を焼きたがるおせっかいな性格である事がわかり。悩み抜いた末、自分が過去に8歳から12歳までいじめから幼馴染を助けたという事から傲慢な性格になってしまっていたのだと認め嘔吐。
周りから見れば、性格が豹変したように写ったのでしょう。何があったのかと詰め寄る同僚に事情を説明する事もできなくなり、態度が悪いと事故の事を持ち出されました。
何も言い返せなくなってしまった自分は、再度自分の悪いところを考えると一種のトラウマだったのだろうと自分を納得させる事にしました。ですが、焦燥感が消えず相手を傷付けるのが怖くなり誰にも相談できず、勤務中に過呼吸で倒れ。
平静を保てるようになってきましたが、軽い頭痛と倦怠感が消えません。
インターネットなどを調べるとトラウマというのは、本人の妄想であるという研究結果がある事がわかって尚頭痛と倦怠感が消えません。
今現在、原因と考えられるのが8歳の時いじめを知るきっかけになった。幼馴染から言われた自殺を示唆する台詞を聞いた際。直立不動であったのにもかかわらず目の前が真っ白になり、空と地面が同時に見えた。その時がきっかけで自分が異常な人間なのかもしれないという不安からくる
なにかしらの病気なのかもしれないと考えています。ぜひ、専門家の方のご意見をお聞きしたい。
どうか、よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
心的外傷後ストレス障害のように思います。
公立病院の心療内科を受診して認知行動療法、暴露療法、眼球運動脱感作と再処理療法のようなカウンセリングを受けてください。場合によっては抗うつ薬、抗不安薬であるゾロフトやパキシルを処方してもらってください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問