JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

右脚太もも部分の芯に相当する辺りが先日来急に痛み出し、立居や歩行に困難を感じます。立ち上がり時に特に痛みがあります。

解決済みの質問:

右脚太もも部分の芯に相当する辺りが先日来急に痛み出し、立居や歩行に困難を感じます。立ち上がり時に特に痛みがあります。正月にぎっくり腰を患いほぼ軽くなってきたところ。1か月ほど前から右ひざに鈍痛を感じ、階段の昇降に支障を感じ(平面歩行には痛み・支障なかった)ていたのが軽くなったなと思っているところにこの脚痛です。筋肉痛ではなく脚芯部分に痛みを感じます。
マラソンの練習時には軽い脚痛は部分的一時的にはありましたが、最近4か月は特に運動はしていない。人生初体験で困惑してます。どのような原因でどの専門医にかかったらよいでしょうか。千葉県我孫子市在住都内勤務
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

ぎっくり腰の後に現れた下肢痛ということですと、腰椎のトラブル による下肢の感覚障害の可能性を第一に考えます。
脊髄から、腰椎の間を通って足に伸びてくる神経の根が圧迫されることで、足の痺れや痛みが現れている可能 性が高いということです。

感覚障害が生じている場所から逆引きしますと、第3腰髄神経(T3)~第4腰髄神経(L4)に圧迫が及ぶような何らかの腰椎のトラブル(例:椎間板ヘルニア)が想定されます。
http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223624414.jpg
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

神経根圧迫の有無を知るためには腰椎のMRI検査を行う必要があります。
その設備がある規模の整形外科医療機関を受診されることをお勧めいたします。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。可能ならば脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられるべきでしょう。

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。ぎっくり腰は57歳から2ー3回経験、腰痛は30代からちょくちょく出ていましたがジョギング中にいつの間にか、いずれも短期間で回復し、今回のような症状は全く出たことはありませんので、腰椎トラブルが原因というのは釈然としません。それでも年齢との関係で可能性が最も高いということでしょうか。なお飲酒との関係もありましょうか?尿酸値が高めで、10~20年ほど前に痛風の経験あります。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。

従いまして「腰椎のトラブル による下肢の感覚障害の可能性を第一に考えます」と回答致しました。

「年齢との関係で可能性が最も高い」というご理解でほぼ間違いありません。

痛風で大腿部が痛くなることはないと思います。
飲酒とも直接的な関係はないでしょう。

下肢に痺れや痛みがある場合、神経性の病態 と血管性の病態を想定する必要があります。腰を痛められた既往があることから神経性の病変の可能性が高いと判断しましたが、高血圧や高脂血症のような、動 脈硬化の原因となるような持病をお持ちであるか、その傾向がおありならば、「閉塞性動脈硬化症」(ASO)などの血管性病変も鑑別すべき疾患として挙げら れると思います。
http://e-aso.info/medical/about/

①相談者様は、このインターネット相談で確定診断を受けられることをご所望なのでしょうか。

②ご記載からは、そもそも「ぎっくり腰」という診断からして自己判断であるのだと理解いたします。
「ぎっくり腰は、何かのきっかけで急激に(ギクッと)発症した腰痛のことで、医学的な診断名ではなく、一般的な名称です。ですから、ぎっくり腰といっても人によって傷めた場所は違います」(http://chiro.lib.net/cure/gikkuri.html より引用)。
腰のトラブルに関して整形外科を受診され、MRIなどの精度が高い検査で、腰のどこに、何が起きているのか、診断を受けられていますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
マイナス評価を賜りまして意外かつ残念です。

ご質問に対しては過不足なく回答したつもりでいたのですが。

どうぞお大事になさって下さい。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問