JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

66歳男です、昨年10月ころから左膝が全体ですがとくに押しても痛いのが内側骨のでっぱりが痛く我慢していたのですが治る

解決済みの質問:

66歳男です、昨年10月ころから左膝が全体ですがとくに押しても痛いのが内側骨のでっぱりが痛く我慢していたのですが治る気配もなく整形外業医で診察を受け、レントゲンでは特に異常はなく塗り薬(ベギータゲル1%)電気でのリハビリ2種(4枚のパットを膝を囲むように10分)と(赤い光の電気5分)それに家庭でストレッチ(寝て膝を脇の下に曲げ股を開く、寝て片方に足を交叉して首は逆へを左右に、腹ばいから手をつき上半身を起こすストレッチをしています。11月から医者に通っていますが時々痛くなり長引いています、常に左膝は右より腫れています。あまり原因など細かく説明してくれませんし、聞きずらい雰囲気の先生です。先回の診察の時筋力が弱っているので早く治すにはジョギングだといわれました、毎日ウオーキングは3年前から40分⁄日つず今も続けていましす、特団日常の生活には困りませんがどちらかというと常に足を動かしていあたほうが痛さはつよくならないようですが、時間が掛かる状態なのか又このまま通院していてもよいのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、相談者様のご年齢や痛みが現れている部位からは、相談者様が変形性膝関節症を呈されている可能性が高いのではないかと考えます。
http://www.richbone.com/kansetsu/ill/ill.htm
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-88.html
↑↑↑クリックすると解説ページが開きます↑↑↑

もしもそうであった場合、適切な理学療法(リハビリテーション)を行わずにジョギングを行うことは、病状を悪化させるだけの結果になる可能性が高いと思われます。

ご質問は、「時間が掛かる状態なのか」と「このまま通院していてもよいのでしょうか」の2つであると理解します。

前者に関しましては、もしも変形性膝関節症であれば、これは膝関節の経年劣化のようなものですので、時間をかければ治るというものではありません。治療の目的は進行を遅れさせること、ということになります。

2つ目のご質問についてですが、色々な意味で、通院を続けるメリットは希薄であるように思われます。

逆にお尋ねいたしますが、その開業医への通院を続けられているのはなぜなのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
情報リクエストをご閲覧いただきありがとうございました。

転院をお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問