JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

手のふるえ、めまいがあります。

解決済みの質問:

手のふるえ、めまいがあります。 手のふるえは字を書くとき、キーボードを叩くとき、物を持つ時など何か動作するときに起こります。 何もしない時には余り起こりません。 めまいは起こったり、起こらなかったりします。起こるときは風呂上りが多いです。 ひどいときは寝ていても夢の中でもグルグル回る感じがします。 軽いときはシュンと頭の中に聞こえる感じで耳鳴りではありません。 現在心療内科に鬱で通っています。 上記の症状を説明しても思い当たる節が無いようで、薬の副作用を疑っていました。 内科に相談した事もありましたが、CTに異常なしなので心療内科に相談するように言われました。 飲んでいる薬はリフレックス15mg 3錠 ニトラゼパム5mg 1錠 ジアゼパム5mg 1錠 サインバルタ20mg 2錠 全て1日1回です。 体質的には軽い高血圧(上135 下100 脈90)治療は行っていません、汗っかき、3年前心電図に軽い以上有り(先天性で昔左心房肥大と言われた事も)、エコー問題なし、胸部レントゲン問題なし。

最近の血液検査で肝機能に異常がありました。

GOT(AST) IU/L 47

GPT(ALT) IU/L 53

γ-GTP IU/L 216

宜しくお願いします

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

体の震えのことを「振戦」と呼びます。
相談者様の振戦のように、「何か動作するときに」起こる振戦は「企図振戦」と呼ばれ、小脳の障害に伴って現れる症状です。
http://www.myojin-kan.jp/ill_trmr/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

また、小脳の障害によって、相談者様が呈されているような回転性のめまいも生じることがあります。
http://zutuumemai.blog74.fc2.com/blog-entry-137.html

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので確定的なことは申し上げられませんが、小脳失調をきたす何らかの神経疾患を疑って、神経内科を受診されてみてはと思います。

以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

有難う御座います。

紹介頂いた日本神経学会認定神経内科専門医名簿から最寄の病院に行ってみます。

その後、また連絡します。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

了解いたしました。

ただ、相談者様が神経内科専門医を受診されて、その結果をもって本ご相談の評価をされるということであるならば、私としましては、若干の違和感を感じることも正直なところです。

JustAnswerの仕組みとしては、相談者様が満足して「プラス評価」しなければ専門家は報酬を得られません。
従いましてもちろん、相談者様が、実際に神経内科を受診されて、私が示した可能性通りの結果が得られなければ満足できず、プラス評価は出来ないというお考えであれば、それも一つの考え方だと思います。
私から申し上げられることはございません。

しかしながら、回答に対して、どの時点で、何に対して「満足」すべきかは、カテゴリやご質問の性格次第で異なるべきであるという暗黙の了解はあって然るべきかと存じます。

例えば、PCカテゴリでWordやExcelのトラブルを相談して回答を得た場合は、そのトラブルが回答通りの方法で解決して初めてユーザー様は満足し、承諾されるでしょう。

しかし法律カテゴリで訴訟についての相談をした場合(例えば、弁護士の選び方について)、その相談者様は、数年かかるかもしれない訴訟後に、しかも勝訴して初めて、満足し、承諾されるべきでしょうか。

医療カテゴリもまた不確定要素が多い領域であり、かつ、実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので、診断にせよ治療にせよ、可能性をお示しできるに留まります。

そういったカテゴリでのご質問で、成功報酬的考え方は馴染まないと、少なくとも私は考えております。

私のプロフィールから、私が最近回答し、承諾を得た質問のスレッドを閲覧していただくことができます。それをご覧になっていただければ、他の相談者の方々が、どのあたりで満足され承諾されるのが医療カテゴリにおいて一般的なのかは分かっていただけるかと考えます。
http://www.justanswer.jp/medical/expert-dr-nekoyama/

もちろん、「100%満足保証付です!」の解釈に定義はありませんので、相談者様なりの満足の基準を持っていただければよいわけですが。
質問者: 返答済み 2 年 前.

先生考えすぎですよ。

少なくとも先生の回答は、私の知りえない道筋を示してくださいました。

その時点で私の回答は、満足行く回答でした。

私はただ単に結果をお伝えしたいだけです。

評価をしてしまうと、そこで全てが終了してしてしまいます。

少なからず私の症例が先生の経験になれたら嬉しいな、位な物です。

悪い評価を付ける方がいたのかも知れませんが、その様な気持ちではありません。

上から目線ぽっくてすみません。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

評価の後も返信可能なのです……
質問者: 返答済み 2 年 前.

助言を頂いたサイトから、専門の医師のいる病院へ行きました。

今までかかってきた医師と違い、より専門的な診察を受けることが出来ました。

結果は血液検査の出る来週になりますが、道筋が見えそうです。

その医師は触診や視診から甲状腺を疑っている様です。

「とりあえずCT」を、とることもなく信頼が持てそうです。

久しぶりに聴診器をあててくれる医師で、結果がどうであれ診断に従うつもりです。

そういう医師に巡り合わせてくれた事に感謝しています。

医療 についての関連する質問