JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

脊髄症に伴う手のしびれ、膝折れで歩行障害があり、手術をしたのですが、治らない。 他に、治療方法はないですか!

解決済みの質問:

脊髄症に伴う手のしびれ、膝折れで歩行障害があり、手術をしたのですが、治らない。
他に、治療方法はないですか!
障害手帳は、もらえませんか
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①手術を受けたのは整形外科でしょうか。手術後は定期的に通院されていますか?

②「他に、治療方法はないですか!」「障害手帳は、もらえませんか」というご質問は主治医にはされましか? 主治医はどのような見解でしょう。

③脊髄症に伴う痺れが現れたのはいつ頃で、手術を受けられたのはいつ頃ですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

昨年の1月に手の痺れと足の左膝折れの為、歩行困難だったので、整形外科で診察してもらったら、首の前の4番目がズレて、神経のを、押していて神経が、圧縮されて要るので、神経の伝達が悪いからだと言われた。

四月25日腰骨を3センチ切り4番から六番目切り取り埋め込んでブリッジでとめています。

先生にわ、手術してもよくなるか分からないと、言わていた。

今でも、杖を持たないと、歩けない。手術する前から病状は変わらない。手術する前に先生に聞いたら、障害にはならないと、言われた。

診察は、傷病手当の書類を書い頂いてもらいたいので、2月に一回のペースに診察してもらってます。

リハビリしたらよくなりますかと、聞くと意味がない様な言われ方だった。

薬はオパルモンをもらってます。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご記載から判断しますに、相談者様は頚椎症性脊髄症を呈しておられ、そのために脊髄の圧迫⇒下肢の感覚障害・運動障害を呈されていたのではないかと推察致します。
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/topics/35.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

この圧迫によって脊髄に不可逆的な(元に戻らない)変性が起こり、手術をしても症状が改善しない場合は確かにしばしばございます。
しかしその場合も、手術をしなければ症状は進行してしまいますから、進行を止めるという目的で手術を行うことの意義はあります。

障害者手帳のや障害年金の給付は不可能ではありません。
もちろん、相談者様の障害の程度次第ですが。
http://kurume-syougainenkin.com/category/494
http://www.ym-hp.yamatotakada.nara.jp/sinryo/a10.html

以外に医師の側にこうした知識がない場合もございますので、病院の患者様相談室や、地域の障害年金相談センターで社会保険労務士に相談されて、主治医に診断書作成を働きかけてもらってはと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問