JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

50代女性です。昨年の秋頃より左腕が重だるく痛く、腕に力が入らなくなって上がらなくなった為、11月下旬近くの開業医の

解決済みの質問:

50代女性です。昨年の秋頃より左腕が重だるく痛く、腕に力が入らなくなって上がらなくなった為、11月下旬近くの開業医の整形外科を受診しました。レントゲンを撮り、石灰沈着性けんばん炎と診断されました。その時はステロイド等の注射を肩にされ、飲み薬は痛みどめを処方されました。1週間位で痛みが再度出現し、その時は注射をしてもらいましたが、注射も強い薬なので頻回にはできないと言われ、痛み止めの飲み薬をもらいました。年末に薬もなくなり、痛みも続く為再度受診したところ、そんなに痛いのはおかしい、帯状疱疹かストレスではないかと言われ、痛かったら来てくださいと何もしていただけず帰宅しました。痛かったらと言われても、ずっと痛いので夜も眠れず、鬱っぽくなってくしまいました。市販の鎮痛剤も効かず、胃の調子も良くありません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
☆★☆我々専門家が受け取る報酬は、相談者様が支払われている質問料金の50%です。ご参考まで。☆★☆
質問者: 返答済み 2 年 前.

ネットで調べてみるとさまざまな治療方法があるみたいのですが、痛いならまた来てねで、医療不信を持ってしまいました。セカンドオピニオンで他の病院へ行った方が良いのかどうか判断がつきません。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「セカンドオピニオンと医師を変えることを同義に考えていらっしゃる方も多いですが、そうではありません」。「患者さんにとって最善だと思える治療を患者と主治医との間で判断するために別の医師の意見を聴くこと、それがセカンドオピニオンです」。
http://www.2og.jp/kiso.html より引用
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

「そもそもセカンドオピニオンとは、主治医が示した一つのオピニオンについて、別の視点から意見を聞くことで す。情報が増えることで、選択肢が増えたり、その選択肢を判断するための材料が集まります。その上で、患者さんが考える納得のいく治療に近い治療法は何か を検討します。 セカンドオピニオンを主治医にフィードバックすることで、ファーストオピニオンを出した主治医がセカンドオピニオンのメリットとデメリットを述べてくれま す」
http://www.2og.jp/qa.html#qa3 より引用

文脈からしますと、相談者様は転院を検討されているということですか?
転院をした方がよいか、イエス・ノーで回答すればよろしいのでしょうか。

JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

従いまして、相談者様、専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要がございます。

これは現在、JustAnswer全体で議論されている問題です。
http://experts-blog.justanswer.jp/2015/02/21/challenge90/#comments

何卒、具体的なご質問をいただければと思います。

転院した方が良いのかどうかということに関しては、した方がよいと考えます。
肩関節は人体の中でもっとも複雑な構造を有する関節ですので、診断や治療には高い専門性が必要とされます。整形外科でも、一般的な町医者レベルでは対応できないことが多いのが現実です。
クリニックでも病院でもいいのですが、肩関節の専門性が高く、MRI検査が行える規模の整形外科医療機関を受診されることをお勧めいたします。

相談者様の場合も、かなり症状が長引いていますから、できれば肩関節の専門外来を持っている病院を受診されることをお勧めいたします(「肩関節外来+地名」で検索す ればみつけられることがほとんどです。JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。
例:http://www.shimogamo.jp/shoulder.htmlhttp://www.shoulderjoint.jp/inpatient.html#inpatient03

回答として的外れであったのであれば、追加でご質問下さい。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

質問は終了いたしました。転院し、治療をしていただける事になりました。詳しくご説明いただきありがとうございました。ジャストアンサーのシステムに慣れていないもので返答が遅れて申し訳ないです。

医療 についての関連する質問