JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の弟の件ですが、1/上に交通事故にあって、脳梁が刺激を受けたようです。 そのため、物が 2、3重に見えるようです。

解決済みの質問:

私の弟の件ですが、1/上に交通事故にあって、脳梁が刺激を受けたようです。 そのため、物が 2、3重に見えるようです。現在、入院中の病院は、リハビリ専門病院で、眼科はありません。脳神経の先生かと思いますが、その先生の話では、脳梁が原因による 2、3重の見え方は、治らないと言われています。弟は、職業ドライバーですので、仕事に支障のないように治したいのです。自然治癒が、あるのか? ないのか? 場合によっては、セカンドオピニオンも、考えなければと思っています。何か良いアドバイスをいただければ幸いです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

実際に弟さんを診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので、「自然治癒が、あるのか? ないのか?」をこの場で言い当てることはできません。これはあらかじめご了承下さい。

「物が 2、3重に見える」症状を「複視」と呼びます。

「脳梁が原因による」複視というのは寡聞にして存じません。

①そのような説明をした「脳神経の先生」は、年齢にしておいくつくらいの方でしょうか。

②弟さんは、片眼で物を見ても二重に見えますか?

③交通事故で、どのような損傷を受けられたのでしょうか。頭を打たれたのですか? 複視以外にはどのような症状があるのでしょうか。

④入院中に他院を受診することはできません。「何か良いアドバイスをいただければ幸いです」とのことですが、もう少し具体的に、どのようなアドバイスをお求めなのか教えて下さい。

⑤弟さんは最初から「リハビリ専門病院」に入院されたのですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
☆★☆我々専門家が受け取る報酬は、相談者様が支払われている質問料金の50%です。ご参考まで。☆★☆
質問者: 返答済み 2 年 前.

①、50から60歳位かと思います。

②、2重に見えるのは、左目だけで、右目は大丈夫のようです。

③、頭を打ったようで、頭骨にヒビが入り、くも膜下出血が、少しあったよう

ですが、自然治癒したとのことです。また、事故当時の状況が思い出

せずにいまし、足もシャキッと立てず歩行が不安定です。

④、眼科専門を有する病院での詳細検査、転院など。

⑤、総合病院(34日入院)へ救急搬送され、数日間意識は無く、早期にリハ

ビりを始める必要があるとのことで、リハビリ専門病院を紹介されて転院

し、現在、リハビリ中で今に至っています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

⑥「2重に見えるのは、左目だけで、右目は大丈夫」というのは、右目を塞いで左目だけで物を見ると二重に見えるということだと理解してよろしいですね? 逆に、左手を塞いで右目だけで物を見ても複視は起こらないということですね?

⑦繰り返しになりますが、入院中は他院を受診することが出来ません(保険診療上の決まりでそうなっています)。現在のリハビリテーションの専門病院にはいつまで入院していることになりそうでしょうか。

⑧「足もシャキッと立てず歩行が不安定」なのであれば、リハビリテーションは必要だと思いますが、こちらの症状はリハビリテーションによって「仕事に支障のないように」治る見込みがあると言われていますか?

⑨最初に緊急搬送された総合病院では複視の予後(治る・治らない)についてはどのような説明を受けられましたか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

⑥、左右の視点がずれているため、左目は外、右側は正常のよ

うです。そのためかも知れませんが、確認してみます。

⑦、本日で、転院後 11日、目につては、何もしていないので、今

月末の退院を言われているようですが、とても無理なことで

はないか。

⑧、指摘されているないので、心配ですし、家(2回建て)には、

階段もあるので、一人で生活ができないと思います。

⑨、前病院で、見舞いした日に、目の検診に呼ばれて、いきまし

たが、予後については、何の説明も受けていませんし、転院

先の主治医に治らないといわれただけです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> 左右の視点がずれているため、左目は外、右側は正常のようです。そのためかも知れませんが、確認してみます。
⇒単眼性複視(片眼で見ても二重に見える)と両眼性複視(両眼で見た時のみ二重に見える)とでは、原因も、治療法も、受診されるべき診療科も異なります。
「左右の視点がずれているため」に起こる複視は、通常は両眼性複視です。

もっとも重要な部分ですので、この点についてご確認をいただき次第、次の回答(もしくは情報リクエスト)をさせていただきたく存じます。

「足もシャキッと立てず歩行が不安定」な状態の、期待される予後についても主治医にご確認いただけますと幸いです。

足が思うように動かなければ、「職業ドライバーですので、仕事に支障のないように治したい」というご要望はそもそもかなえることが難しいでしょう。

複視だけではなく、総合的な評価として、職業ドライバーとしての復帰が可能なのかどうかを主治医に尋ねられるべきだと愚考いたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

①、二重の件ですが、弟に確認をしたところ、「両眼性複視」のよう

です.

②、足の問題は、リハビリで日々よくなっているようで、心配事は、

物の見え方で、それによる運転の支障の有・無です。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

両眼性複視は、左右それぞれの眼球の機能自体には問題が無く、眼球の運動の協調が阻害されることで起こる複視です。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-115.html
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

両眼複視は、ほとんどの場合、眼筋麻痺が原因で起こります。
眼球の動きは、6本の筋肉と、それをコントロールする3本の神経(外転神経、滑車神経、動眼神経)によってコントロールされています。
相談者様におかてましては、このいずれかに障害が生じている可能性が考えられます。
また稀に、外転神経、滑車神経、動眼神経を動かす脳の神経核に腫瘍や梗塞が生じることで起こる場合もございます。
弟さんの場合は、脳外傷に続発した両眼性複視ですから、脳の神経核(それがあるのは脳梁ではなく脳幹です)にダメージが及んだか、眼筋、眼筋を動かす神経のいずれかに損傷を生じたものと思われます。

脳幹の損傷であれば、残念ながら回復は期待薄です。中枢神経である脳幹の神経細胞は、損傷を受けると再生しないからです。

神経の問題ですので、眼科ではなく神経内科を受診されて、原因の検索を受けられる必要があるでしょう。
しかし、前述したように、入院中は原則的に他院の受診ができません。保険診療法制上、入院中の他院受診にかかる費用が保険でカバーされないからです(入院先の病院がその費用を丸かぶりしなければなりません)。

よって、受診のタイミングについては、主治医とよく相談されるべきでしょう。
外出の形で他院の神経内科受診が認められるかもしれませんし、他院受診は退院後にして下さい、ということになるかもしれません。

神経内科受診時には、以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

丁寧な、ご回答をいただき、ありがとうございました。 普段、聞けないし、説明していただけない内容でしたので、参考になりました。

弟に当回答を見せて、今後の指標にしたいと思っています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問