JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2014年6月子宮頸がんASC―US判定、HPVは陰性でした。半年細胞診結果はASCで、USもHどちらも記載がなくま

解決済みの質問:

2014年6月子宮頸がんASC―US判定、HPVは陰性でした。半年細胞診結果はASCで、USもHどちらも記載がなくまた半年後検査と言われました。
進行したのか、現状維持なのかよくわかりません。追加の検査をしたほうが良いのでしょうか
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。
ベセスダシステムによる判定結果ということになりますが、これは判定結果によってその後の対応が自動的に決まる仕組みになっています。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
http://www.kikuzaka-clinic.com/bethesda/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ASC-US→HPV検査をして「陰性」なら1年後細胞診、・「陽性」ならコルポ診、生検
ASC-H・LSIL→コルポ診、生検

と決まっていますから、「また半年後検査」という対応が指示されたのであれば恐らくはASC-USであったのだと思われます。
つまり「現状維持」ということになるでしょう。

新たな検査を受けられるよりも、細胞診を受けられた医療機関に、検査結果の確認を求められるべきかと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問