JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

明け方に、必ず、鼻づまりで、呼吸が苦しくて、自分のいびきで目が覚めます。 耳鼻科で、アレルギーの検査は、何度も受け

解決済みの質問:

明け方に、必ず、鼻づまりで、呼吸が苦しくて、自分のいびきで目が覚めます。
耳鼻科で、アレルギーの検査は、何度も受けていますが、アレルゲンはありません。
かつて、真珠腫を手術したことがあり、耳鼻科には、メンテナンスで、定期的に通っています。
点鼻薬や、ムコダインなどが処方されますが、効果はありません。
枕の所為かと、何種類か、変えてみましたが、関係ないようです。
どうしたら、改善されるでしょうか。71歳女性
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
診断あっての治療ですので、診断がわからなければ治療方法もお示しすることは困難です。

鼻づまりに対する、相談者様を診察した耳鼻科医の診断、あるいは見解について教えて下さい。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
☆★☆我々専門家が受け取る報酬は、相談者様が支払われている質問料金の50%です。ご参考まで。☆★☆
質問者: 返答済み 2 年 前.

猫山様、お世話になります。

かかりつけ医からは、正直言って俺には分からんという言葉を聞きました。

アレルギーの元になるものは見つからず、とりあえず、上記のナゾネックスという点鼻薬と、ムコダインが処方されたのです。

でも、明け方には、鼻が詰まるのです。レントゲン撮影では、蓄膿もありません。

内科にもかかっており、心房細動などの薬が、処方されています。

起きてしまえば、日中は、気にならないので、普通に生活ができています。

明け方の息苦しさから、解放されたいと思い、今回、ご相談しました。

耳鼻科以外に、鼻づまりに対応してくれる科は、あるのでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

耳鼻科以外に、鼻づまりに対応してくれる科はありません。
通常、鼻づまりは、耳鼻科において対処されます。

①相談者様が通われている耳鼻科は、個人開業医ですか?

②下記のサイトで挙げられているような、アレルギー以外の鼻づまりの原因となるような疾患について、現在通われている耳鼻科で検討されてことはありますか?
http://www.linkclub.or.jp/~entkasai/hanatumari.html

③他の耳鼻科を受診されるご意向は無いのでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返答、ありがとうございます。

1、 現在通っている耳鼻科医は、元は、市民病院の、耳鼻科医長と聞いております。小さな都市ですので、真珠腫の手術は、隣の市で、受けました。

2、 こんなに詳しいサイトがあるのでしたか。ざっと目を通しました、もう一度、じっくり読み返したいと思います。

3、 近くに、もう一軒あるのですが、近所の評判では、みんな、私の通っている耳鼻科に、集まります。込み具合はすごいです。

もう一軒の方は、多分、お若い先生か・・と想像します。

朝、起きた時、咽喉の奥に、ほんの少しの(1センチ以下の量)、痰か鼻汁があり、それを吐き出すと、鼻づまりはとれ、すっきりします。

後鼻漏、というのでしょうか。

かかりつけ医師に告げると、そんなのは、誰にでもあるものだから、というお返事でした。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

一般的には、「鼻づまり」とは、鼻粘膜のうっ血による腫脹によって鼻呼吸が出来なくなることを指します。痰や鼻汁が詰まるわけではないのです。

アレルギー以外にも鼻粘膜のうっ血が起こる疾患はたくさんありません。それを示したのが先に引用したサイトです。

最初に述べましたように、原因がわからなければ治療方法は決められません。
例えば真珠腫の手術を受けられた病院を受診されて、相談なさってみることをお勧めいたします。

適応があるのであれば、下鼻甲介粘膜へのレーザー治療などは、施術そのものが数十分程度、術後の通院回数も1~2回で済む、簡便で有効性が高く、安全な治療方法です。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

猫山様、お返事いただいていたのに、気づかず、大変失礼しました。


たびたびの、アドバイス、ありがとうございました。


 


一度、別の耳鼻科を探して、受信することにします。


転居者のため、地域の事情に詳しくなく、この辺では一番人気の医院を選んだのでしたが、セカンドオピニオンを、探してみることにします。


 


レーザー治療もあるとのこと、ちょっと、希望が持てました。


このたびは、お世話になりまして、本当にありがとうございました。

医療 についての関連する質問