JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

前略失礼。御質問申し上げます。PSA 5.6ng/mL前立腺生検 5/12 (5個の癌細胞)指数

質問者の質問

前略失礼。御質問申し上げます。 PSA 5.6ng/mL 前立腺生検 5/12  (5個の癌細胞) 指数 4+3=7 現在、CT,MR,骨検査 予約中です。 【1】この状況(データ)で、浸潤や転位の可能性は、どの程度と言えるでしょうか? 【2】仮に、リンパ腺や他への浸潤・転位等があった場合の治療法は、どんな方法がありますか? 【3】【2】の治療を続けた場合、余命年数はどれくらいでしょうか? 以上、宜しくお願い致します。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
超音波で見て明らかに腫瘍が認められましたか。もし、そうなら腫瘍は前立腺内に限局していましたか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

>超音波で見て明らかに腫瘍が認められましたか。

=超音波検査は実施して居りません。組織生検によって、診断されました。

>腫瘍は前立腺内に限局していましたか。

=それを調べるために、2月中に、CT,CR,骨検査の3つを行います。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
【1】その結果からは浸潤や転移の可能性について言うことはできません。予定されている検査が必要です。しかし、指数が7以下の場合は一般的に予後がいいです。
【2】転移がある場合はホルモン療法に加えて抗がん剤療法、放射線療法が使われます。
【3】予定されている検査でその広がりをみないとなんとも言えませんが前立腺ガンは一般的にゆっくりと進行します。余命は年単位です。余命が10年未満の場合は治療の副作用を考えて積極的には治療を行わないこともあります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

【3】予定されている検査でその広がりをみないとなんとも言えませんが前立腺ガンは一般的にゆっくりと進行します。余命は年単位です。余命が10年未満の場合は治療の副作用を考えて積極的には治療を行わないこともあります。

>余命は年単位です。

=と、ありますが、これは、予定されている検査でその広がり等を観て、具体的に余命何年くらいと予測するものなのでしょうか?

>余命が10年未満の場合・・・

=ここにおける余命という言葉も、上記と同様、CT,CR,骨検査等の総合的検査結果から、あと何年くらい生存できると予測することを、意味しているのでしょうか?

宜しく、ご教示願います。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
混同させてしまったようで申し訳ありません。
予定されている検査でその広がり等を観て、具体的に余命何年くらいと予測するものです。
余命が10年未満の場合の余命とはガンとは関係なくあなたが後何年生きれるかという予測です。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

検査の結果が、全て出ました。

T1bN0M0 です。

そこで、浸潤も転移も無く、手術は5月頃でも良いと言われたことが、

逆に不安です。その間に、進行する心配は無いのでしょうか?

もっと、早く手術のできる病院を探すべきでしょうか?

ご教示願います。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
生検の結果からあなたのガンはとてもゆっくりと進行するタイプのようです。5月頃に手術でも問題ないと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

>生検の結果からあなたのガンはとてもゆっくりと進行するタイプのようです。

>5月頃に手術でも問題ないと思います。

生検の結果は、以前のデータ紹介でも、「前立腺生検 5/12  (5個の癌細胞)」と申し上げました。

「生検の結果からあなたのガンはとてもゆっくりと進行するタイプのようです。」

とは、これを根拠にされた結論なのでしょうか、それとも、今回新たにデータ紹介させて頂きました、検査結果、T1bN0M0 からのお見立てでしょうか?

ご教示頂ければ、誠に幸甚に存じます。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
PSAの値5.6<10、その指数4+3(中分化癌)、T1bN0M0から臨床的限局性中間リスク群(グループIIA)と考えられます。グループIは低リスクでIIA、IIB、III、IVの順で高リスクになります。グループIはT1またはT2a 加えて PSA <10 、 指数が6以下です。グループIIAはT2bまたはPSA が10以上20未満または指数が7です。
前立腺は一般的にゆっくりと進行するガンであなたの場合はその指数からゆっくり進行するガンで下から2番目のグループにあたります。
それでも不安であるならば早く手術をしてもらう病院を探したほうがいいと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

前略失礼。以前に質問した者です。再度、御質問申し上げます。 PSA 5.6ng/mL 前立腺生検 5/12  (5個の癌細胞)  指数 4+3=7

その後MR等の検査結果、周囲への浸潤や転移は無し。T2bN0M0,

癌細胞前立腺内限局です。

しかしながら、両勃起神経も同時に切除摘出しないと、手術の意味は無いと言われました。・・・これは真実でしょうか?

私は、この6月で、67歳になります。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
神経血管束を巻き込んでいる腫瘍の証拠がないならば根治的前立腺切除術で神経温存アプローチができると思います。大学病院、県立病院、がんセンターなどの大きな病院でセカンドオピニオンを受けてはどうかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご教示、誠にありがとうございます。

ところで、

「神経血管束を巻き込んでいる腫瘍の証拠」とは、具体的にどのようなものですか?

私は、担当医からは、前立腺の両方に、癌が広がっているので、勃起神経

も一緒に切除しなければ、ナンセンスと言われただけです。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
T2bは片側の半分以上に腫瘍があるが両側ではないと定義されています。勃起神経は2本あり、前立腺の左右の後外側を走行します。その腫瘍が片側の神経血管束を巻き込んでいても他側の神経血管束は残せると思います。片側の勃起神経が残っていれば勃起能力を20-40%温存することができ、バイアグラなどの併用でその能力は向上します。
前立腺の両方に癌が広がっているならばT2cであると思います。担当医に確認してください。癌が前立腺の両方に広がっていて手術中に腫瘍が両側の神経血管束を巻き込んでいると考えられた場合は両側の勃起神経を取り除く必要があります。勃起神経を取り除いても感覚はありオルガズムに達することは可能です。バイアグラのような経口ホスホジエステラーゼ5阻害剤、真空補助勃起デバイス、薬の陰茎自己注射(プロスタグランジンE1、パパベリン、フェントラミン)、および尿道内アルプロスタジルのような薬を入れることで勃起は可能です。
質問者: 返答済み 2 年 前.

T2cと、改めて認められました。

担当医師は、相変わらず、勃起神経を切除しなければ、ナンセンスだと説明・主張しています。

私も、納得し始めています。・・・

ところで、

勃起神経を取り除いても感覚はありオルガズムに達することは可能です。バイアグラのような経口ホスホジエステラーゼ5阻害剤、真空補助勃起デバイス、薬の陰茎自己注射(プロスタグランジンE1、パパベリン、フェントラミン)、および尿道内アルプロスタジルのような薬を入れることで勃起は可能です。

とのことですが、2本の勃起神経を完全切除しても、本当に勃起可能でしょうか?

その場合、上記ご案内して頂いた、諸方法の内、どれ、或いはどれとどれの組み合わせが最善でしょうか?

ご教示頂ければ、誠に幸甚に存じます。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
勃起は血流を陰茎の静脈にためることで起こします。薬は陰茎の静脈を拡大させることで勃起を起こします。バイアグラのような経口ホスホジエステラーゼ5阻害剤では15%の勃起の可能性、薬の陰茎自己注射(プロスタグランジンE1、パパベリン、フェントラミン)および尿道内アルプロスタジルは経口ホスホジエステラーゼ5阻害剤より効果があります。真空補助勃起デバイスは真空で血流を陰茎の静脈にためて根元にゴムで縛ることで勃起を起こします。その効果は60%から70%です。最後の手段としては陰茎に膨張する装具を入れる方法です。90%より多くの方が満足しています。併用することは普通ありません。
その勃起神経を完全切除について大学病院、県立病院、がんセンターなどの大きな病院でセカンドオピニオンを受けてはどうかと思います。手術で切除したものは元には戻りません。慎重に検討した方がいいと思います。結果は同じ可能性もありますがセカンドオピニオンを受けてはどうかと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

次の質問に、お答えいただければ、誠に幸甚に存じます。


 


【1】癌が、前立腺の片側に限局している場合には、生検で癌が検出されていない側の勃起神経の温存は可能だという見解が有りますが、私の場合は、T2cで、両側に有りますので、不可能ではないのでしょうか?


 


【2】勃起神経温存手術の適応対象は、グリーソンスコアが6以下で、かつ癌が前立腺片側に限局している場合という見解は真実でしょうか?


私は7で、両側に有ります。


 


【3】勃起神経を温存しても、勃起力が回復するのは20~60%、(片側だけ


温存の場合は20~40%)というのは、真実でしょうか?

医療 についての関連する質問