JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14382
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私はもうすぐ(2か月)で72歳になる静岡県湖西市に住む男性です。 町の整形外科で脊椎管狭窄症からくる坐骨神経痛だと

解決済みの質問:

私はもうすぐ(2か月)で72歳になる静岡県湖西市に住む男性です。
町の整形外科で脊椎管狭窄症からくる坐骨神経痛だと診断されました。(痛みが発症して約50日)
症状は左足の裏からくるぶしの後ろとアキレス腱の上を通ってふくらはぎ、太もも裏、おしり
通って腰に痛みや痺れ(特に足首からふくらはぎにかせての痺れ)があり困っています。辛いのは寒暖差のヒートショックの痛みです。
現代、飲み薬リマプロストアルファデスク5μg(血流をよくする薬)を医師から貰って最近から飲み始めました。
書物でペインクリニック治療があると知りました。
私の場合でも治療できるのでしょうか? 教えて下さい。
追記
20年位前からゴルフをしてきました。
ゴルフはサウスポーでここ10年は月2回位プレーしてきました。
今はクラブを握る気持ちさえ出ません。
以上よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

相談者様が坐骨神経痛に対するペインクリニックの適応となるかどうかはわかりませんが、試みる価値はあると思います。

しかしペインクリニックでの治療は対症療法です。
脊柱管狭窄症は進行性の疾患ですので、遅かれ早かれ、ペインクリニックの治療では追いつかなくなります。

①診察医から、手術の必要性については示唆されませんでしたか?

②「町の整形外科」ではなく、もっと専門性が高い整形外科医療機関を受診されるご意向は無いのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
☆★☆我々専門家が受け取る報酬は、相談者様が支払われている質問料金の50%です。ご参考まで。☆★☆
質問者: 返答済み 2 年 前.

1.薬を1か月位飲んでその後で考えることにして今すぐ手術のことは

言われませんでした。

2.専門性の高い整形外科医療機関で受診も考えますが、場所・費用

と術後のリスクや完治度も教えて下さい。

以上よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

③受診された整形外科はどれくらいの規模の医療機関ですか? MRI検査は行われましたか?

④現在、安静にしていても坐骨神経痛はありますか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

※手術にも様々な術式がありますので、「費用と術後のリスク」についてはここでお示しすることはできません。ご了承下さい。
場所や、改善度合いの見込みについては説明して差し上げられると思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

1.MRI検査はおこないました。

余談ですが、個人差があるのでMRIの結果で良し悪しが判明できない

と医師からも書物でも聞きましたが?

2.今現在なでか坐骨神経痛は出ていません。

朝起きた時が一番辛いです。出だすと何時間も続きます。

以上

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ軟部組織にの骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため下半身の痺れや痛みが現れる病気です。

脊柱管狭窄症は単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症、黄色靭帯骨化症といった複数の理由によって起こる狭窄の総称です。
脊柱管狭窄症の診断を確定し、その鑑別を行うためにMRI検査が必要となります。
「MRIの結果で良し悪しが判明できない」というのはその通りで、診断をMRIで付け、重症度は臨床症状と経過から判断することになります。

脊柱管狭窄症の原因となるいずれの疾患も、加齢に伴う背骨の変形、もしくは、背骨のずれ、軟部組織の骨化によって生じますので、進行することはあっても、非手術的治療で治ることはありません。
前述した通り、遅かれ早かれ手術は必要になります。

ペインクリニックでは、リリカ(神経因性痛治療薬)、ノイトロピン(神経因性痛治療薬)、メチクール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)といった薬物療法、 運動療法やブロック注射といった対症療法が行われますが、脊柱管狭窄症は次第に進行し、最終的には手術が必要になるのです。

ここまでのご記載を拝読する限り、相談者様の脊柱管狭窄症は決して軽くはない部類に属すると思います。
安静時にも坐骨神経痛が起き、その持続時間も長いからです。
ペインクリニックでの治療も痛みや痺れを完全には消し去れないでしょうし、手術も、完治ではなく、これ以上の悪化を食い止めるという意味合いが強いものになると思われます。

……回答を続けてもよいですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

お尋ねします

1.運動療法とはどのような運動ですか?

例えばどこの筋肉を鍛える運動とか、やってはいけない運動とか

2.ブロック注射を数回して痛みが消えたと云うことも書物で読みましたが、あるのでしょうか?

私がこの病になってから車の運転をすると左足の脛の裏側の外側当たりが痛く運転が苦しかったのですが、医師に話すと腰に注射をしてく

ました。するとその後痛みが消え、1カ月たった今でも前の痛みはありません。(但し、今現在の痛むところは消えてません)

3.次にお尋ねしますが、神経痛は遺伝的な要因もあるのですか?

4.次に食事について良いもの悪いものを教えて下さい。

以上よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

途中で、次から次へと追加で聞きたいことは出てくるかもしれませんが、それは最初に設定・提示された質問料金に含まれていないものです。
そうでなければ以下のような事態になりかねないからです。
http://www.justanswer.jp/dermatology/5s0d5-.html

この点につき、よろしくご理解くださいますようお願いいたします。

既に「私の場合でも治療できるのでしょうか?」という当初のご質問に対しては過不足の無い回答をしたつもりです。

追加の4つものご質問を連ねられるのであれば、このスレッドを適切に処理された後、別のスレッドを立ててそれぞれ新しいご質問として投稿していただけますと幸いです(もしくは追加サービスをご利用下さい)。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
マイナス評価を賜りまして意外かつ残念です。

ご質問に対しては過不足なく回答したつもりでいたのですが。

どうぞお大事になさって下さい。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問