JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。鈴木というものです。 85歳の父のことでご相談があります 10日前に脳梗塞で入院しました。入院後5

解決済みの質問:

はじめまして。鈴木というものです。
85歳の父のことでご相談があります
10日前に脳梗塞で入院しました。入院後5日めくらいから、右の脇腹かた背中にかけて痛みが走るといいはじめ、初めは長く寝ているゆえの筋肉痛的なものかと思っていたのですが、その翌日には、非常に激しい痛みに変わりました。
「助けて」と叫ぶほどの激痛で、ずーんずーんと脈に合わせて痛むときと、ピークになると背中全体がずっと痛いそうです
入院先の内科の先生がすぐCTや血液、尿、心電図等全て調べてくださったのですが、どこにも問題はないとのこと。
とるあえず座薬の痛み止めをくださり楽になりましたが、切れるとまた同じです
日に2回しか使えないとのことで、都度ピークになるまで待っての投与となり、毎回激痛に苦しんでいます
こうなると痛みに対する恐怖も染み付いてきてしまったせいか、薬が効かなくなって来ました。
ほぼ一日中苦しんでいるのですが、先生からは原因がわからないので打つてがないと言われてしまいました。どこに相談していいのかもわからず、
ペインクリニック内科というのがあると知り、藁おもつかむ想いでご相談させていただいております。
いまは、脳梗塞より痛みを取ることを第一優先に考えたいです。
結果的に手段がなかったとしても、ご相談にのってくださる先生がいらっしゃいますことを、祈る想いで待っています
長々とすみません。どうかよろしくお願いいたします
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①「先生からは原因がわからないので打つてがないと言われてしまいました」とのことですが、主治医から、脳梗塞による中枢性疼痛の可能性は示唆されませんでしたか?

②脳梗塞が起きた部位がおわかりであれば、大まかにでも教えていただけますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
☆★☆我々専門家が受け取る報酬は、相談者様が支払われている質問料金の50%です。ご参考まで。☆★☆
質問者: 返答済み 2 年 前.

猫山先生

早々のご対応、感謝いたします。

ご質問の回答は以下の通りです

①「すべて内臓は調べたので命にかかわるような痛みではない」との他には何も説明はありません。シロウトながらネットで調べて「中枢性疼痛」のことは質問してみたのですが見解の説明は回答はありませんでした。

②これについても説明がないのでよくわからないのですが、程度としては「軽い」ものであること、運動をつかさどる部分でおきたこと、は聞きました。

症状としては、言葉はしゃべれますが右半身が脱力しています。入院当初より力は戻っていて、足や手をベッドの上で上げたり下げたりは(割と力強く)できます。立ち上がることはできません。

言葉はしゃべれますが、舌が動かなくて聞き取りにくいです。

嚥下が動きが悪いとのことで、まだ食べれてません。トレーニング予定はあったのですが、痛みのため進んでいません。

よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「すべて内臓は調べたので命にかかわるような痛みではない」とのことであれば(それ自体が的の外れた説明であるように思われますが)、お父様が呈されているのは、脳梗塞の後遺症である中枢性疼痛である可能性が高いと考えられます。
http://www.jsa-web.org/jsanews/jn6/jn6b.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

中枢性疼痛に対しては確立した治療法はありませんが、抗うつ薬であるアミトリプチリン、神経痛治療薬であるラモトリギンの有効性が確認されています。
http://www.jsts.gr.jp/guideline/316_317.pdf

お父様が呈されているのが中枢性疼痛でるという前提で回答するならば、疼痛の治療としては特殊な部類に属しますから、お考えのように、痛みのスペシャリストである麻酔科医が運営しているペインクリニックを受診されるのが得策です。

ただ、お父様はまだ脳梗塞発症10日後で入院中であるとのことですから、院内にペインクリニックがあるのでもなければ、現時点での受診は難しいと思われます。
逆に、脳梗塞の急性期が過ぎるにつれてあるていど改善していくことも期待は出来ますが……。

現時点では、主治医(脳神経外科医でしょうか?)にお願いして、上記の、中枢性疼痛に対する治療を試みてくれないかをお願いするべきではないかと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

猫山先生

早急なご回答、ありがとうございます。

基本的には1回の質問なのでしょうが、すみません、よろしければ追記させてください。

たった今、主治医の先生が回診に来たので、中枢性疼痛の可能性はないか聞いてみました。

「それはありません」と断言されました。

理由は、中枢性疼痛であれば、お腹とか背中とか一定か所が痛むということはないからだそうです。もっと右半身全体とかそういう痛みになるとのこと。

父は「背中全体」と言っています。

これは、的確な判断でしょうか?

もしよろしければ、教えてください

ご無理なら無視してください。お願いいたします

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「中枢性疼痛であれば、お腹とか背中とか一定か所が痛むということはないからだそうです。もっと右半身全体とかそういう痛みになる」という説明は、おおむね正しいと思います。

しかしわれわれ医師は、臨床の現場で、そのような典型的な症例ばかりを診るわけではありません。

痛みを訴えている部位に異常は無い。
中枢性疼痛として典型的ではない。

では何もしないのか? ということだと思いますが。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答くださりありがとうございます。

>痛みを訴えている部位に異常は無い。
>中枢性疼痛として典型的ではない。
>では何もしないのか? ということだと思いますが。

本当にそこなのです。最初の質問に書いた通り、結果として同じだったとしても、では今後どうして行く予定なのか、改善に向けての予定や先生が考えていること聞かせてくださったり、相談したり、試してみたり、ということができないことが、1番の不安です。

このたびはありがとうございました。

できれば猫山先生の見解を見せて検討してもらいたい気持ちですが、多分よけいに気分を悪くされてもいけないので、今後よい形で中枢性疼痛のことを相談していけるようにがんばってみます!

(早くしないと慢性化してしまいよけいに難しくなることもあるようなので)

本当にありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

医療 についての関連する質問