JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

困っています。夫が胃ろうをしていますが、胆のう炎を起こしました。意識障害なので、手術をしてくださる病院を見つけるのが

解決済みの質問:

困っています。夫が胃ろうをしていますが、胆のう炎を起こしました。意識障害なので、手術をしてくださる病院を見つけるのが難しいです。麻酔医は全身麻酔をするのがためらわれるそうです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
ハイリスク患者であるので手術の代わりに抗生物質と経皮的または内視鏡的胆嚢ドレナージを行ってはどうかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。このサイトは偶然見つけたもので、手続きを躊躇してしまいました。

夫は、昨年末、1度しか胆のう炎を起こしていませんが、今後再発が予想されます。前回は、抗生物質で解熱しました。その際、医師からは抗生物質が効かない場合の措置として、外科で「針を刺して膿を抜く(←私の理解した表現です)」方法をとる、という提案をされました。経皮的ドレナージとは、そのような方法かと思います。

恐れているのは、症状が進んで、胆管が癒着して状態になることです。こうなると手遅れと聞きました。

内視鏡的胆嚢ドレナージについて、局所麻酔で可能かどうか、私の方でも調べてみます。

ありがとうございました。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
経皮的ドレナージはその方法です。内視鏡的胆嚢ドレナージは麻酔はいりませんが内視鏡的逆行性胆管造影の方法で行いますがその手技に経験がいり、膵炎などの合併症を起こす可能性があります。経皮的ドレナージのほうが安全です。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問