JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4035
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

平成22年10月に排便障害のため大腸を短くして子宮が下垂していたので腹膜を引き上げる手術をしました。 手術の4、

解決済みの質問:

平成22年10月に排便障害のため大腸を短くして子宮が下垂していたので腹膜を引き上げる手術をしました。
手術の4、5ヶ月後あたりから膣口周辺に腫れを伴う痒みが時々生じるようになりました。
陰部に痒みが生じることはよくあったのでその時も婦人科に受診したりしましたが、異常なしと言われました。
3 年前ぐらいからは継続して腫れを伴う痒みやちくちくした痛み、皮膚が引き裂かれる感じに悩まされるようになりました。
婦人科だけでなく皮膚科でも診てもらい薬を処方してもらいましたが症状は改善れていません。
腸を切って腹膜を引き上げる手術が膣口など陰部周辺に、痒みや痛みを生じさせることは考えられますか。
現在耐えがたい症状に困惑しています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
その手術でメッシュを使いましたか。
質問者: 返答済み 2 年 前.
その手術を行う前に、同じ病院で、直腸瘤の手術を2回やりましたが、2回とも専用の機械を使っておりメッシュは使用してません。
質問者: 返答済み 2 年 前.
三回目の手術もメッシュは使ってません。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
外陰部痛(Vulvodynia)と呼ばれる疾患のように思います。かゆみもその症状として起こします。その原因はよくわかっていませんがあなたの場合は子宮、膀胱と腸をサポートして骨盤底の筋肉の緊張がその原因かもしれません。公立病院の産婦人科を受診してそれらの筋肉をリラックスさせる運動し、リドカイン軟膏をその部分につけてください。それらが効果がない場合はノルトリプチリンを就寝時に10 mgに内服し5日ごとに10 mgずつ増やし、100から150 mgまで増やし、それを3ヶ月使用してみてください。それで効果がない場合はガバペンチンとリドカイン軟膏を使用してみてください。それでも効果がない場合は局所神経ブロックを行ってもらってください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問