JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

71歳の男性です。妻が2月5日の夕方に嘔吐し、足が立たなくなりました。救急車で病院に搬送。造影剤を注入し、翌日の2月

解決済みの質問:

71歳の男性です。妻が2月5日の夕方に嘔吐し、足が立たなくなりました。救急車で病院に搬送。造影剤を注入し、翌日の2月6日8時に結果報告、脳内出血が判明。午前9時45分から午後1時45分まで手術。出血は全て除去。話ができ順調であった。2月7日午前8時に同じ場所に脳内出血があり、言語に障害、出血により脳内を圧迫しているので再度手術。現在は出血はないものの2月8日の状態を見て出血の個所と思われる脳の一部を切除するしか方法はない。と医師に言われ、妻の姉妹と私たちの子供で今後どうすべきか困惑しています。脳の一部を除去すれば植物人間は必至であるとのこと。私としては妻と二人暮らしであるが、植物人間となっても介護したいと思っています。
アドバイスを参考に、これから妻の姉妹二人と私の息子二人に相談を資するつもりです。御所見をお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

ご質問文からは読み取りかねるのですが、今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

「御所見をお願いいたします」とのことですが、何に関する見解をお求めでしょう。

困惑されている中でのご質問であるとは存じますが、ご質問を整理してご記載いただけますと幸いです。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
☆★☆我々専門家が受け取る報酬は、相談者様が支払われている質問料金の50%です。ご参考まで。☆★☆
質問者: 返答済み 2 年 前.

脳に溜まった血液を除去しても、明日の朝再度溜まることがないようにできる処置があるかどうか?医師の説明では脳の下部から湧き出るようで、出血の場所が不明。そのために出血していると思われる脳の一部を切り取るというもの。

この方法以外によい方法はありませんか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に奥様を診察することも、検査所見を拝見することもできないインターネット相談ではお答えできる内容に限界があります。
これはあらかじめご了承下さい。

①脳内出血の出血源が特定できないからといって脳の一部を切除すること自体、一般的な処置ではないと思いますが、このまま経過を観察するという選択肢は呈示されなかったのでしょうか。

②出血は脳のどのあたりで起こり、出血量がどれくらいであったかおわかりですか?

③「この方法以外によい方法はありませんか?」というご質問は主治医にはなさいましたか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

1 明日の様子を見て出血原がわからないので、出血原と思われる個所を切除するとのこと。経過観察という言葉はありませんでした。左麻痺は皮質下出血とのこと。

2 出血は前頭葉で出血量は3立方センチメートルとのこと。外減圧のため現在は骨が外され包帯でカバーがしてあります。

3 質問をする前に、医師の方から私のできることは全てやりつくした、他の方法はない。とのこと。

原因は脳卒中か外傷による脳挫傷、稀ではあるが静脈性血栓では?とのこと。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

切り返しになりますが、現在の奥様の状態を把握しきれませんので一般論になりますが、窮余の一策としての「脳の一部の切除」以外に治療選択肢は無い状態であることは確かであるように思われます。

出血部位が前頭葉ですから、この部位を切除すると、植物人間とまではいかなくとも、高次脳機能の障害が残ることは間違いありません。
前頭葉が、理性や思考といった、人間を人間たらしめる機能を司る部位であるからです。

一定以上に重篤な脳出血の治療は、手術による血腫の除去(相談者様がご記載された「出血は全て除去」とはこの血腫除去のことだと思われます)と、出血している血管の処置です。

恐らく、奥様の場合、最初の手術で血腫除去はできたものの出血源がわからず、経過観察をしている間に再出血をきたし現在に至る、という経過を辿っているのだと思われます。

止血がなされていませんから、わずかな血圧変動等で3度目の出血がありえ、その場合は前頭葉、あるいはその周囲の脳実質にも、脳出血によるダメージが生じることになります。

脳の一部を切除するという治療法は、脳腫瘍や脳血管奇形があって、そこから出血が認められる場合に用いられることがある治療法です。
主治医は、3回目の出血リスクが高く、その場合は奥様の生命にも危険が及ぶと判断し、出血部位不明のまま、その周囲ごと脳組織を切除するという、それに似た術式を適用することを決めたのだと推察致します。

推測を交えた判断になりますが、現在の治療方針を咎める根拠は無さそうに思われます。

主治医提案の手術を受けられる方向で、ご家族内で今後の相談をなさることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

主治医の先生と同様の回答です。

他の処置方法があれば、その方法を伺いたいです。全国には同じような患者があるはずです。今の回答であれば解せない感があります。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
私が知るかぎりにおいて、他に方法はありません。

急に起こった事態ですから、「解せない感」がおありなのは無理もないと思います。

相談者様はまだ、「〈第1段階〉否認と隔離」にあるのだと考えます。
http://www.sendai-shinri.com/blog/2010/02/post-77.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

受容するまでにはまだ時間がかかるでしょうが、一方で、手術を受けるか受けないかの決断を下すまでの時間はあまりありません。

相談者様が奥様に起きた理不尽な現実を受容し、合理的な決断を下せるようになる以前に決断を迫られていることには同情致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.

人間ができていない者で、これほど医療が発達していても出血する個所が発見できないのでしょうか?そのような医療機器を備えた病院はないのでしょうか?いくら考えても、今現在当たり前にしゃべっているいる人間が2月8日の9時ごろには再々手術で、高次脳機能障害者になってしまいます。

本当にこの方法が最良なのか、再度伺います。「受容:5つのプロセス」は何度も読み自分自身に納得させようと試みています。しかし、私にとっても妻にとっても納得できる最高の医療機関(鳥取県内)を未だに模索しています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

私個人の見解では、こと脳に関しては、医学は「発達している」とは言いがたい段階だと考えます。

「そのような医療機器を備えた病院」「最高の医療機関(鳥取県内)」は存在しないと思いますし、仮にそれがあったとしても、現在の状態の奥様を転院させることは物理的に不可能であると思われます。搬送が身体に欠けるリスクが高すぎるからです。

「模索」は続けられる権利と、そして必要性が相談者様にはあると思います。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問