JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14372
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は乳頭癌で去年の8月に手術したのですが、術後に神経質になってしまい、少しでも気になることがあると病院に行ったり検査

解決済みの質問:

私は乳頭癌で去年の8月に手術したのですが、術後に神経質になってしまい、少しでも気になることがあると病院に行ったり検査を受けていました。
違う病院へ行ったりもして検査を受けていたので、この半年の間に何回もCTを撮ってしまいました。
術前に頸部〜胸部2回、術後に耳鼻科で1回、昨日は造影剤使用で頸部〜胸部のCTをしました。
こんなに短期間に何度もしたので今更ながら被曝が心配で仕方ありません。
しかも造影剤使用は普通のより被曝が多いと聞いて不安でたまりません。
将来でも、このせいで癌などになるリスクはあるのでしょうか。
宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。

CT検査による医療被爆については、肯定・否定両サイドからの研究報告があり、医療現場も患者様も混乱をきたしやすいことは事実です。

恐らくもっともニュートラルな見地で行われた研究のひとつでは、45歳以上の方が、体全体へのCT検査を1回受けた場合、生涯の発がんリスクは0.08%増加するとされています。
これは単純に積算されるわけではなく、30年毎年、CT検査を受けた場合の発がんリスクの増加は1.9%でした。

造影剤を用いたCTが通常のCTよりも被曝量が高くなるという医学的な証拠はありません。

「将来でも、このせいで癌などになるリスクはあるのでしょうか」とのご質問ですが、0コンマ何%か、発がんリスクが高くなったとは言えると思います。
それを高いと考えるか低いと考えるかは、CT検査の利害得失を踏まえて検討されるべき事項でしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問