JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

食欲を抑えることが出来ません。 現在体重が104キロになってしまいました。 何科に行けばいいでしょうか?

解決済みの質問:

食欲を抑えることが出来ません。
現在体重が104キロになってしまいました。
何科に行けばいいでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
現在、婦人科には定期的に通院されていますか?
過食に関して、医療機関で相談されたことはあるでしょうか。
過食の内容や、過食中、前後の感情についてもう少し詳しく教えてください。
以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

手術が終わって半年ほどは婦人科に通っていましたが、今は通っていません。

過食に関して、現在糖尿病で通っている内科の先生に相談をしましたが「我慢するしかない」との返答でした。

過食の内容は、一食で大量に食べるのではなく(反対に一食で食べる量は定食一人前で十分おなかが膨れています)少しずつをちょこちょこと

食べ続けるかんじです。

食べた後は、罪悪感に苛まれます。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「食べた後は、罪悪感に苛まれます」とのことですが、逆に、食べるのを我慢しようとするとどいのような気持ちになるのでしょうか? 食べることを我慢する努力が成功することもありますか?

20kg増えて104kgということは、手術前の体重は84kgあったことになります。失礼ながら女性として軽い体重とは言えませんが、手術前の食事内容や食事量は平均的なものだったのでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

結婚当時は55kgほどでしたが、出産のたびに15kgぐらいづつ増えていきました

結婚してから、義母の入院看病、出産などいろいろなことが一度にあり

自分のことなど考えている余裕もなかったので気が付いたら85kgになっていたのです。

心に余裕があるときは、食欲を我慢したりもできるのですが(たとえば本を読んだり、ゆっくりお風呂に浸かったりできる)

普段は食べたいと思ったら、食べられるものを探してまで食べてしまいます。

手術前の食事の量は…あまり覚えがありません。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

いわゆる過食症は、精神医学的な用語では「神経性大食症」と呼ばれます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ここまでのご記載を拝読する限り、相談者様は神経性大食症の診断基準を満たしているようには思われません。

「一度食べ出すと途中で止められず、ある一定の期間内で通常食べる量より、明らかに多い食物を摂取するのを神経性大食症と定義しています。つまり、神経性大食症の病像の本質は、むちゃ食いをくり返すことで、食べることを制御できないという患者さんの感覚を伴う過剰な食事摂取のエピソードのことです。途中で食べることを制御できるかどうかが決め手となります。途中で止められれば神経性大食症としません。また、食べる量が多くても途中で止めることができれば、これも神経性大食症にはなりません。診断基準では一定の時間内とありますが、中には1日中だらだらと食べる患者さんもいますが、この場合も途中で止められるかどうかが決め手となります」(http://www.dr-maedaclinic.jp/dl140.html より引用)。

出産や卵巣摘出を契機に体重が増えていることから、相談者様の食欲・体重増加は女性ホルモンのバランスの崩れに伴って起きているものであるように思われます。

一方で「我慢するしかない」という方針では今後の状態の改善は期待できません。

身体・精神両面から病的な体重増加に対してアプローチする「肥満外来(呼称にはバリエーションがあります)」という診療科を有する医療機関があります。
例:http://www.kmu.ac.jp/hirakata/expert/expert-metabolic.html

そうした医療機関を探されて受診・相談されることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問