JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4079
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

老人ホームに入所している90歳の父が1/18から排尿できなくなりました。 腹部が腫れたあと、2000㏄の排尿があっ

解決済みの質問:

老人ホームに入所している90歳の父が1/18から排尿できなくなりました。
腹部が腫れたあと、2000㏄の排尿があったそうですがその後また排尿が無くなり、泌尿器科を受診。今は、導尿しています。
検査結果では、前立腺肥大はなく、腫瘍もなく、老化による筋力低下によるものと診断されました。
自己導尿か留置カテーテルを勧められています。
ヘモグロビンA1c 6で この1年で相当太り、W104です。
認知症はなく、いままでは排泄、入浴ともに自分で出来ていました。
今後筋力が回復することはないのでしょうか?
少しでも、普通に楽に生活するための工夫、方策があればお教え下さい。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
回答を試みてみます。
いままで薬で治療を試み試みたことがありますか。
ヘモグロビンA1cの最も最近の値はいくつですか。それはいつ測りましたか。他に何か症状がありますか。何かその症状を悪化させること、軽減することがありますか。
病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて何か薬を飲んでいますか。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答をありがとうございます。

私は愛媛県に住んでいて、父は千葉県の施設に入っており、施設からの連絡で得る情報だけで、心配で質問しました。

1/26~1/28日施設に出かけてきました。

父は1/18から2/3の受診日までは導尿管をつけて過ごす予定です。

その前は何の排尿障害もなく、認知症もなく施設内では、自分の身の回りのことは自分で出来ていました。

1/18から急に尿閉状態に陥り、看護師さんが導尿して下さり1400㏄出て、1/20に泌尿器科を受診、筋力の低下によると診断されました。

2/3の受信日は朝看護師さんが尿管をはずして下さり、午後に受信時間まで、自力での排尿があるかどうか見て下さるそうです。

ヘモグロビンA1cの値は1/20のものです。特別な病気はありません。

何かアドバイスがあればお願い致します。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
尿閉に対して何か薬を飲んでいますか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

薬は化膿止めの抗生物質以外は、どんな薬が出ているのかわかりません。

私は、専門的な答えではなく、次回受診時に

どんな事に気をつけて、

どんな質問をしたら良いのか、

今後の生活上どんな注意点がいるのかという、

一般的な答えが欲しかっただけです。

なお、PCの調子が悪くて

ジャストアンサーのフィードバックは、「通信不可」になるので、

質問はここまでにします。

簡単な回答で十分満足です。(書いている間に落ち着きましたので)

恐れ入りますが、フィードバックできませんが、金額ひきおとして頂いてOKの旨お伝え下さいませ。ありがとうございました。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
急患が入ったため遅くなってすいません。
今後筋力が回復することはないと思います。しかし、尿管をはずして自然排尿できる可能性は20%から40%あります。しかし、65歳未満の方がその成功率は高いです。もし、自然排尿できたとしても半数の方は1週間以内に尿閉が起こります。また、3分の2の方は1年で再発が起こります。看護師さんに気をつけてもらってください。もし、成功しない場合は自己導尿か留置カテーテルになります。留置カテーテルに比較して自己導尿は自然排尿ができる可能性あり、尿路感染症を起こす可能性が少ないですが、自己導尿は患者が好まないかもしれません。
老人ホームに入所していますが高齢の方は膀胱炎の典型的な症状を示さないことがあります。看護師さんに気をつけてもらってください。
抗コリン作用のある抗ヒスタミン薬、胃腸鎮痙薬、筋弛緩薬、オキシブチニン[ポラキス]、抗コリン作
用のある抗うつ薬、うっ血除去薬のような尿閉をおこやすい薬を避けてください。
水分を取る量を制限してください。夜間に水分を取ることを避けてください。お酒を飲む量を制限してください。お茶やコーヒーなどのカフェインを含む飲み物を制限してくだいさい。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問